「リド・カイン」さんの連載コラム 第十回

リド・カインさんの連載コラム

作者様:ホームページブログTwitterウディタリアンに100の質問
作品:メカバトルシュミレーション「AME CHAMP」
リド・カインさんの連載コラム:01020304050607080910




ご無沙汰しております、リド・カインです
コンテスト向けのゲーム制作作業に集中していた為
前回記事からずいぶんと間が空いてしまいました…
すみません(´Д`)

ええと、前回は一般公開へ踏み切る前にテストプレイヤーさんを募集する等して
バランス面やバグの有無等を入念にチェックを行ってから
一般公開を行った方が良いですよといった感じのお話をさせて頂きました

今回はテストプレイも無事に終わりいよいよアップローダーにUPしたり
ゲーム紹介サイトに登録申請したりして作品を公開していこう!
というところについて書いてみようと思います∠(`・ω・´)




●ゲーム制作ひとりでできるもん!(一般公開宣伝編)

テストプレイでチェックも済ませて、さぁいよいよ待ちに待った一般公開だ!
でもどこでどういった形で公開するのが良いものか( ´'ω'` )


頑張って制作活動を続けて完成させたゲームでしょうから
一人でも多くの人にDLしてプレイしてもらいたいと
完成までたどり着けたゲーム作者さんなら誰しも思うはずです

では多くのプレイヤーさんに自分のゲームを知ってもらい
作品を手に取ってもらえるようにするにはどのような方法があるのでしょうか?

いくつか列挙してみようと思います


1.ゲーム紹介サイトさんに登録する
フリーゲームを作ったり遊んだりされてる方なら一度は訪れた事があるであろう
『ふりーむ』さんとか、ゲームに限らずあらゆるソフトを扱われている『Vector』さん等
作品登録方式のサイトさんにゲームを登録する 
というのがフリゲ界隈ではたぶんもっともポピュラーな方法じゃないでしょうか

自作ゲームをより多くの方にプレイしてもらうには
まず自作品を多くの方の目に止めてもらう必要がありますよね

ふりーむさんやVectorさんといったゲーム登録サイトさんは
一日当たりでも相当数なユーザーさんが訪れてると思いますし
申請が通れば『新着ゲーム』という形でトップに持ってきてもらえたりするので
宣伝効果としては非常に大きいと思います

ただ、ゲーム登録サイトさんはユーザー数も多い分
登録されている作者さんの数も当然ながら多いです
加えてその日に新着ゲームとしてUPされるのが自分の作品だけとは限りません
日々新しい作品が登録されていってるので
1週間もすれば新着ゲーム欄から姿を消してしまい
せっかくの恩恵も途端にプツリと切れてしまうというのも珍しくはないはずです

ですので、新着期間が過ぎた後でもユーザーさんの手に取ってもらえるよう
サムネイル・プレイ画面・謳い文句・ゲーム説明等のパッと見の部分も
工夫を凝らすといったアイデアが必要になってくるかもしれませんね
※もちろんゲーム自体のインパクトというのが一番大きな部分になるとは思いますが

スクリーンショットや謳い文句等の
作品アピール云々についての私なりのコツなんかにつきましては
またの機会にでもお話させてもらおうかなと思います


2.コンテストやイベントに応募してみる
自分なんかはまさにこっち派なんですが、
コンテストに応募・エントリーしてプレイしてもらう機会を得るというのも
一つの手段だと思います

自分も新作でエントリーしている現在開催中の第8回ウディコンをはじめ
ふりーむゲームコンテスト、○○フェス・○○展のようなイベント
賞金が出る大きい大会等 様々なコンテストやイベントが年間を通じて行われています

ゲーム登録サイト同様、
各コンテスト・イベントには多くのプレイヤーさんが作品を見に来られますんで
人目につく機会は多いはずですし、
もし入賞・受賞する事が出来れば一気に作者さん自身の知名度も上がってきますんで
宣伝効果も含めて恩恵は非常に大きいと思います

また、こういったイベントは開催時期やシーズンが大体決まってますので
「いついつまでにはゲームを完成させないといけない!」
という明確な期限が自ずと定まってきます
目標を見据えて頑張ることが出来るという意味でも有用な手段の一つとなるでしょう

ただし、一般投票も行われるコンテストに関しては
登録サイトさんや順位の付かないイベント等に比べ
プレイヤーさんから手厳しいご指摘やダメ出し・批評コメントを
もらってしまうケースは必然的に多くなってきます

こういったコメントを真摯に受け止め対応し
次回作以降の糧にすることが出来るような精神力はある程度求められてくるので
ちょっとメンタル部分で自信が無いな…といった方であれば
一般投票方式ではないイベントの方を目標に据えられると良いかもしれませんね

あと、コンテストによってはゲーム登録サイトや他イベントへの重複登録は
禁止とされている場合が多いので、
エントリーする際は必ず大会規約には目を通しておき
禁止事項に抵触しないよう気をつける必要があります


3.SNSやブログで宣伝する
TwitterやFacebook・mixiといったSNSやブログ・HPで
完成した自ゲームの宣伝告知を行うというのも有用な手段だと思います

特にSNSは口コミが拡散されたりすることで
予想以上の反響を得る事が出来たりしますので
SNS内での横のつながりの大きさにもよりけりでしょうが
公開作品がプレイされた方のツボにハマるようなゲームだった場合
大きな宣伝効果を得ることが出来るかもしれません

自分も普段からSNSとして利用しているツイッターでは
定期的に公開作品の宣伝をツイートされてる作者さんも多く、
宣伝ツイートを拝見して初めてその作者さんのゲームを知った
という事が割と良くあります

ですが、例えば「1時間に1回宣伝ツイートを目にする」というように
あまりに宣伝頻度が多すぎるとうっとうしがられて心象を悪くしてしまい
かえって逆効果になってしまったりしますので、
「またお前か!」と思われない程度に抑えたちょっと控えめな頻度に留めたり
アピール文に毎回変化を持たせるというような配慮や工夫を行えば
宣伝効果は十分期待できるのではないかなと自分は思っております


4.他作者さんのゲームをプレイし感想を送る
一見この行為自体には特に宣伝効果はないように思えますよね
でも、個人的には上記3つの方法ほど大きな効果があるかは分かりませんが
自分のゲームを知ってもらう機会につながるんじゃないかなと思ってます

おそらくなんですがフリーゲームプレイヤーさんの多くは
プレイヤーさん自身もなんらかの形でゲーム制作に携わられてる
もしくは過去に制作を行おうとした事がある、これから制作を行う予定である
というような方が結構おられるのではないかなと思ったりしてます
※私のただの勘ですが

自作品をプレイしてくれたプレイヤーさんが実は他ゲームの作者さんだった
という話はツイッター等でも割と良く目にしたりします

ここで宣伝方法という形で括ってしまうと語弊を招いてしまうかもですが
他作者さんの作品をプレイし感想を送る事で
その作者さんやユーザーさんに自分のゲームも知ってもらう機会に繋がっていくというのも
方法としては結構あるんじゃないかなと

ただし、自ゲームへの興味を集めたいが為に手段と目的が逆になってしまい
自ゲームの露骨なアピール等を行ってしまうというのは
相手作者さんやユーザーさんに対して非常にナンセンスな行為ですし、
必ずしも自分のゲームに興味を持ってもらえるとは限らないので
「少しでも良いのでうちのゲームにも興味持ってもらえれば嬉しいなぁ…」
くらいの感じであれば個人的にはアリかなと思います

SNSでの宣伝同様、かえって逆効果になってしまわぬよう
節度と良識を持って行うという事はもちろん大前提という事で^^;



とりあえず自分がパッと思いついたのはこんなところでしょうか

完成を迎える事が出来た作品というのは相当な時間と労力を費やされてるでしょうから
やはり出来るだけ多くの人にプレイして楽しんでもらいたいですよね!

ありきたりな事しか述べてませんが、
「これからゲーム制作を始めて見ようかな…」と言う方々の
ご参考になれば幸いです


さて、10回に渡り掲載させて頂きました私の
個人制作体験や制作工程を書いた
『ゲーム制作ひとりでできるもん!』
は、これにて一旦終了とさせて頂こうと思います

ゲームを完成させて一般公開まで踏み切ることが出来れば
ゲーム制作作業はとりあえずゴールかなと


以降は不定期でゲーム制作について感じた事や思ったことを
また書かせて頂こうかなと思っております∠(`・ω・´)
※今のコラムも間が空いてしまったりで不定期になってしまってましたが(汗)


それではまたの機会に(=゚ω゚)ノ




●おまけの告知

文中でもちょっと触れましたが、
現在第8回WolfRPGエディターコンテスト(通称:ウディコン)が開催されており
私もエントリー番号39の『PENETRATOR』というSTGでエントリーをしております∠(`・ω・´)

8月23日まで一般投票を受け付けられてますので
お手すきであれば是非ともコンテストサイトをご覧いただき
投票にもご参加頂ければと思います!

宜しくお願いしますm(_ _)m



第8回 WOLF RPGエディターコンテスト(ウディコン)





●感想をTwitterでつぶやいてみよう!

このコラムをご覧になられた方は
是非一度Twitterで感想をつぶやいてみて下さい♪


このエントリーをはてなブックマークに追加


最近更新したコンテンツ

2016年01月29日
ニュース
アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」がゲーム化
BD&DVD1巻の特典として収録
2016年01月28日
新着ゲーム
「消灯時刻」
終末世界で起きる、残された人達の物語
2016年01月27日
ニュース
Web漫画「おじさんとマシュマロ」が面白い
おじさんとOLの、微妙に噛み合わない恋愛風景
2016年01月26日
ニュース
漫画「ステラのまほう」がアニメ化決定!
女子高生達が同人ゲームを作る4コマ漫画
2016年01月24日
新着ゲーム
「レミリアケツKicker」
レミリアさんのお尻を蹴るゲームが出たよ
2016年01月21日
新着ゲーム
「凍れる心がとける時」
短編ADV。ファンタジーな世界での恋する学生のお話
2016年01月18日
新着ゲーム
「ゆぼひくっ!」
勇者を作って冒険する?超簡単な暇つぶしゲーム
2016年01月17日
新着ゲーム
「ワーズ・アンド・マジック」
スマホやタブレットで遊べるタイピングRPG
2016年01月15日
新着ゲーム
「東方紅輝心」
レミリアと咲夜の3DアクションRPG
2016年01月14日
新着ゲーム
「TS:NONUPLE NINE ノナプルナイン」
ちょっと(?)エッチな探索型ADVゲーム
2016年01月12日
新着ゲーム
「森でクマさんテラヤバス」
可愛い少女・OLと紳士なクマさんの追いかけっこゲーム
2016年01月12日
コラム
「リド・カイン」さんの連載コラム 第5回
「ゲーム制作一人で出来るもん!データベース作成編」
2016年01月11日
新着ゲーム
「KATHARSIS?禁断病理の子供達?序章」
フルボイス!?「医能伝奇」バトルADV
2016年01月09日
新着ゲーム
「リセマラ勇者」
ガチャを回して勇者を集めてよう
2016年01月06日
新着ゲーム
「ハンスとグライフ」
【18禁】女性向けのダークファンタジーゲーム
2016年01月05日
コラム
「道玄斎」さんの連載コラム 第42回
「非グリム的童話の世界へ」
2016年01月03日
コラム
「眠田 直」さんの連載コラム 第4回
「ゲッペルスちゃん3」制作報告コラム・その4

個人、同人の創作ブログ更新情報

サブコンテンツ

このページの先頭へ