目次

目次(人物毎のSS紹介ページ)

東方ProjectのSS、二次創作小説

【お勧め!】読んでみて面白かった東方の名作SS・小説

東方SS 二次創作小説


これまでもssは沢山読んできましたが、以前から面白いと思っていた作品は、是非当ホームページでもご紹介していきたいと思ってましたので、久しぶりに色んな二次創作小説を見直しながら追加していきたいと思います。

読み直してみると、改めて素晴らしい作品が沢山ある事を実感します。ハマりすぎて、睡眠不足にならないように気をつけて下さいねw

▼魔理沙のタイムトラベル

├評価:A+
時間移動魔法を習得した魔理沙が、過去・現在・未来に起きた問題を解決する話。

最初は、自殺した霊夢を助けるために、魔理沙が過去に向かいます。

昔、第二章くらいまで公開されてた時に読んでいたんですが、今確認してみると、あれからかなり続いていてビックリしましたよ。

長編小説で、久しぶりに読んでみましたが、やはり面白い。


▼ゆうかりんか

現実世界の人間が、何故か風見幽香の子供として幻想郷の世界に!?風見燐香(りんか)として、花の妖怪に生まれ直した主人公のお話。涙もろい人は、後半泣いてしまうかもしれませんよ。



▼東方ギャザリング

死んでしまった主人公が、あの世の都合でちょっと外で時間を潰しておいて欲しいと言われ、東方Projectの世界に行く事に。設定は「東方拾憶録」「東方想拾記」に似ている気がします。特典としてカードゲーム MTG(マジック・ザ・ギャザリング)の能力を使えるようにしてもらえる。個人的には大好きな作品なのですが、MTGを知らないと面白さは半減してしまうかもしれませんね。



▼東方有栖(アリス)伝

転生か、憑依か、はたまた神の悪戯か——東方projectのアリス・マーガトロイドになってしまった誰かさんの、本人視点では割と平和な日々。作者さんは、きっとスレイヤーズが好きなのですね。だって、アリスがスレイヤーズの魔法を使うんですもん。





【東方SS・小説】古代スタート

▼東方拾憶録

├評価:A+
女好きの主人公が、車に轢かれて幻想郷に転生するお話。でも送られるのは1500年前、神奈子と諏訪子の時代です。主人公は不老不死なので、そこから現代までず〜っと話が続く長編作品。

2022年1月12日、休みなので久しぶりに読んでみたら、朝から止まらなくなった…(@_@;)



▼東方想拾記

├評価:A+
「東方拾憶録」の続きです。



▼東方万能録

├評価:A or A+
神様の手違いで死んでしまったオリ主が、「超人になる程度の能力」を貰って東方Projectの世界に転生する話。

BLEACHの鬼道やらが使えるようになり、ゆくゆくは妹紅を弟子にします。

超長生き。

アリスに幻想郷は永いのか?と聞かれ、創造以前から知っていると答えてビックリされます。



▼東方遺骸王

├評価:A or A+
2014年の末から連載されていて、2021年7月に確認した時点でも、未だに続いているという大長編小説。

簡単にストーリーを説明すると、オリ主が気付いたそこは、何もない超古代の世界。

そこから、偉大な魔法使いとして覚醒し初め、世界を歩き、歴史が進んでいきます。

何年か前に読んでいた時は途中で読むのを止めてしまったんですが、改めて読んでみると、ストーリーがどんな感じに進んでいるのか、ちょっと気になってきました。

ハーメルンの評価を見ても、高評価と低評価で別れているので、読む人によっては好き嫌いがありそうな作品。



▼槌を振いし職人鬼

├評価:A
人から鬼になったオリ主の話。

鍛冶が得意、悪い奴ではない。

自分の親にオリ主の話を聞いて興味があったので、子供の永琳が一人、内緒で鬼の住処にやってきます。

永琳さんは可愛いいんですが、やる時はやる子なので、育ってくるとやっぱりちょっと怖いですね。

その後、伊吹萃香や星熊勇儀が生まれる。



▼東方蟹異譚

├評価:A
大昔の古代に、一匹の蟹が自我を持った話。

少しずつ身体が大きくなっていった蟹は、そこで博識な亀の友を得る。

しかし、亀は妖については詳しくなかったので、妖力の使い方などについて知るために、やがて旅立ちます。

古代なので、まだ永琳は地球にいますし、子供です。



【東方SS・小説】現代に東方キャラが現れる系の作品

▼現代堕ちアリス

├評価:A
└主人公の男が、起きたらアリス・マーガトロイドになっていたという話。

でもまぁ、お金を稼がないと生きていけないので、自分の可愛さを武器に、動画配信とかやっていきます。

ちなみに配信の開始は3話、掲示板回は7話です。



▼現実世界で、フランになりました

├評価:B+
└普通に仕事をしている現実世界の一般人が、気が付いたら「フランドール・スカーレット」になっていた話。

場所は自分が住んでいるアパート。

どうやらフランの能力も使えるみたいですが、まずは会社に連絡しないと…。

とりあえず、ご飯を買いにコンビニへと向かいます。



【東方SS・小説】オリ主・転生

▼霊夢のお兄ちゃんになったよ!

├評価:A+
└これは、幻想郷に転生してきた博麗白鹿(びゃくろく)というオリ主の話。

霊夢とは親が違いますが、同じ親元で育ちます。

0歳の時に博麗神社に捨てられていた所を、今の育ての親に拾われたという設定。

特に能力を持っているという訳ではないが、読み終えてみると、これはこれで素晴らしいと思えたので、評価をA+とさせて頂きました。

しかし、霊夢に「お兄ちゃん」と呼ばれるのは羨ましい。

自分も一緒に暮らしたい!

霊夢のだらしない姿が見たい!

腋とかチラ見したいんだ!

あっ、でも赤ん坊の頃からずっと一緒にいて、リアルに自分が育てたとかそういう状況なら、見ても特に不埒な気持ちとか湧かなくなるのか…。

それはそれでちょっと悲しいかもしれませんね。

ただの一般人が、一生懸命霊夢の兄貴をやっている姿には、羨ましさを通り越して感心。



▼詭弁ですよ!霊夢ちゃん!

├評価:A or A+
└詭弁答弁という、ふざけた名前ではあるが、羨ましいオリ主の話。

年齢は10代、口が回る程度の能力(実は結構凄い)を持っている。

霊夢さん相手に「週に何回してんの?」って聞けるのが心底羨ましい…。

しかも、見てくれもいいとか信じられない!

紅美鈴ちゃんや妖夢ちゃんとの絡みも、憎たらしいくらいに恨めしいです。



▼俺の家に巫女がいる

├評価:B+ or A
└タイトル通りなのですが、どうも読んでみると、思っていたよりもエライ事になっていた。

とりあえず、霊夢がジャージ姿で自宅警備員希望だという事だけ言っておく。



▼霊夢の賽銭箱に、お金を入れ続けてみた

├評価:B+
└幻想郷に流れてきたとある外来人が、博麗神社にお賽銭を入れた事から始まります。

こんなに魅力的な霊夢の好感度を、お賽銭を入れるだけで稼げるなら、自分が代わりたいくらいですよ。

喜んでくれたら、もしかするとハグくらいしてくれるんじゃないかなぁ…。



▼現実世界で、フランになりました

├評価:B+
└普通に仕事をしている現実世界の一般人が、気が付いたら「フランドール・スカーレット」になっていた話。

場所は自分が住んでいるアパート。

どうやらフランの能力も使えるみたいですが、まずは会社に連絡しないと…。

とりあえず、ご飯を買いにコンビニへと向かいます。



▼楽園の巫女様が根暗男に病む話

├評価:B+
└孤独で根暗な感じの外来人(男)に感化されて、霊夢がヤンデレになってしまう話。

勿論、霊夢以外も出てきますよ。

正直自分は全然好きじゃないんですが、ハーメルンの評価がとても高いんですよねぇ…。

なので、それも加味してB+とさせて頂きました。



【東方Project】クロスオーバー小説

Fate/FGOとのクロス

▼イリヤと不死身のサーヴァント

├評価:A+
└少し調子に乗っているイリヤと、セラがちょっと面倒臭いですが、作品としての評価は個人的には高い。

幻想郷からアインツベルンの森に迷い込んだ藤原妹紅が、イリヤと出会い、魔術師 or サーヴァントと勘違いされてしまう話。

バーサーカー(ヘラクレス)も普通にいますよ。

数百年ぶりの外の世界に、妹紅さんもビックリ。

17話のキャラ紹介が意外と面白かった。

あと、自分は全然知識無いんですが、燕を斬るのって、ドラゴンを斬るのよりも難易度高いんですか?

そして、エピローグで幻想郷に…。



▼文々。異聞録

├評価:A or A+
└第5次聖杯戦争で、遠坂凛がアルトリアを、衛宮士郎が射命丸文を呼び出す話。

射命丸文は死んでいないが、この聖杯戦争が行われている日本は、幻想郷のある日本とは異世界にある。

というか、実は新聞のネタを探しに、外の世界に出てきただけだったりします。

そして、本気の烏天狗はメッチャ強い。

文は、現代の烏がゴミ捨て場を漁っている光景に嘆いてましたが…。

長編で完結しているのが素晴らしい。



▼赤のキャスターは蓬莱山輝夜

├評価:A or A+
└蓬莱山輝夜が、赤のキャスターとして聖杯大戦に召喚される話。

永遠亭で退屈だといいながらゲームをしてたら、聖杯からお誘いが来ました。

輝夜にはゲームを与えておけば問題なし!

ちなみに輝夜は、アキレウスを「ライダーの兄ちゃん」呼びしてます。

原作よりも明るいので、違和感が無いかといえばぶっちゃけありますが、そこのところは可愛いから問題なし!

面白いですしね。

筋力Bだから、物理的に殴ってダメージを与える事も出来るよ!

そしてもこたんは…。



▼冬木の街の人形師

├評価:A
└アリス・マーガトロイドが、幻想郷からではなく、ルーマニアから冬木の街にやってくる話。

そして、遠坂家で、遠坂凛と一緒に暮らします。

長編作品。

時期は、第5次聖杯戦争よりも前。

アリスさんと接触する事で、間桐家との関わりに変化が起きる。



▼霊夢「聖杯戦争?」

├評価:A
└第5次聖杯戦争で、凛が霊夢を呼び出してしまった話。

東方キャラで出て来るのは霊夢だけです。

サーヴァントな筈なのに、偉そうな霊夢さんに憧れます。



▼東方聖酒杯

├評価:A
└これは未来の幻想郷で、霊夢やアリスの子孫達が、聖杯戦争で本当に幻想だった頃の英霊を呼ぶ話。

子孫といっても、博麗霊夢は博麗霊夢だし、他も名前は結構おんなじですが。

ちょっとだけネタバレというか紹介をさせてもらうと、中立地帯は守矢神社で、アリスは魔理沙を召喚します。

未来の幻想郷で生きている魔法使い達と違い、昔の凄かった魔法使いである魔理沙はかなり凄いです。



▼「東方Fate(仮)」

├評価:A
└第5次聖杯戦争で、凛が霧雨魔理沙(ライダー)を呼び出してしまった話。

今回の聖杯戦争では、何故か東方キャラが数名呼び出されてきますが、セイバーは安定のアルトリアさんです。

最新の第九話は2008年5月更新と、結構古い作品ですし、最後まで完結している小説ではありませんが、それでも面白かったので紹介。

作者様のHP 東方特設ページ - Moon Light Side では、沢山の東方小説が掲載されていますよ。



▼朔月の巫女

├評価:A
└もしも、美遊が最初に出会うのがサファイアではなく、霊夢だったら?な話。

霊夢最強?モノ。結構面白かった。

美遊が霊夢の妹になります。



▼東方聖杯綺譚

├評価:B+ or A
└第5次聖杯戦争で、凛が十六夜咲夜を召喚する話。

いつでも自由に時を止めたりするのは、流石に出来ないみたい。

東方キャラは、他にも何人か登場します。



▼フラン「聖杯戦争?なにそれすごい!」

├評価:B+
└間桐雁夜がバーサーカーを召喚し、桜がフランを召喚する話。

面白くなってきそうだったのに、途中で終わっちゃってるのが残念。



▼普通の魔法使いが行く!Fate/Grand Order

├評価:B+
└藤丸立香の代わりに、霧雨魔理沙がカルデアのマスターになる話。

ちなみに魔理沙は、八雲紫の依頼で幻想郷からやってきます。

詠唱も無しに、一瞬で服装が白と黒のエプロンドレスに切り替わったり、箒で空を飛んだりと、普通の魔術師よりもかなり凄いです。



▼幻の理想の果て

├評価:なし(衛宮切嗣にムカついてしまったので、読むのをやめてしまいました)
└衛宮切嗣が、八雲紫によって幻想郷に召喚される話。

いきなり地獄にやってきた切嗣が閻魔様に嘘を付こうとするも、白黒ハッキリ付ける程度の能力の前には、そんなの通用しません。

というかキリツグ君よぉ、君ちょっと閻魔様に失礼過ぎないか?

あと、切嗣の過去を知って簡単に感化されてしまう小町と映姫様にも、何だかなぁと思ってしまった。



この素晴らしい世界に祝福を!とのクロス

▼霊夢がこのすばの世界に行くそうです

├評価:A+
└若くして亡くなった霊夢が、アクアと一緒にアクセルの街へ行く話。

読みやすくて面白い。

霊夢さんは最強とかではありませんが、潜在能力が凄過ぎるので、ほぼチートです。

カズマは出てこない。



GATE(ゲート)とのクロス

▼ゲートに巫女さん

├評価:A+
└生まれ変わって過去(10年くらい前)に転生したオリ主が、女の子になっていて、しかも東方Projectの霊夢にそっくりな容姿になっていた話。

霊夢にそっくりというか、小中と日本の学校に通っていて、名前も何故か博麗霊夢そのままで、修行もしたから、空を飛んだり弾幕も撃てる。

メチャクチャ面白かったです!

GATEの名作SS無いかな~と思って探していたら、まさかの当たりを見つけられて嬉しい。



▼GATE 幻想郷防衛軍彼の地にて斯く戦えり

├評価:B+ or A+
└特地と日本を結ぶゲートの他にもう一つ、特地から幻想郷へと通じるゲートが開かれたら?という話。

東方のキャラは結構沢山出てきました。

勿論日本以外の国の話も出ます。

例えば、紅美鈴の映像が流れた時に「中国人を拉致したのでは!?」とかいう言い掛かりを付けられたり…。

GATEのクロスで見どころの一つといえる国会の中継ですが、それ以降も面白いと思わせられた箇所が幾つもあった。

不満に思える点もありましたが(ロボが出てきたり…)、読み終えてみると満足出来る作品で、面白かったです。



▼八雲紫 彼の地にて、斯く戦えり

├評価:B+ or A
└生まれ変わって八雲紫という存在になったオリ主が、門の向こうで妖怪の賢者をやってたりします。

そして、帝国が開いた門を通って、何千年かぶりに日本の地を踏む。



▼ゲート 蓬莱人 彼の地にて、斯く戦えり

├評価:B+ or A
└八雲紫の依頼によって、藤原妹紅が特地へと向かう話。

妹紅は、スキマでいきなり特地にやってきます。

そして、炎龍と戦っている自衛隊を助けるために、妖力で肉体を強化して蹴飛ばしたら、それを見た自衛隊の人達がメッチャ驚いてる。

国会での話は、一体何をしてくれるんだと、文字を追いながらもドキドキしてました。



IS(インフィニット・ストラトス)とのクロス

▼東方千夢劇 Infinite DANMAKU for Lotus Land.

├評価:A
└八雲紫によって、スキマから外の世界に落とされた霊夢が、生身でIS操縦者をやっつけたりしちゃう、そんな感じの話から始まります。

当然ですが、IS学園の皆は、生身のはずの霊夢が、空を飛んだり魔法みたいな技を使う事にビックリする。

「(らっ、ライフル弾を……避けた!?)」

それで、色々端折ってもう少し内容をお話させて頂くと、霊夢の弾幕を研究して、ISをスポーツ的な何かでも使えないかという話になったり…。

弾幕を躱すのは、確かに楽しいですもんね。



▼空を飛ぶ程度の――

├評価:A
└インフィニット・ストラトスの世界に生まれた博麗霊夢さんが、IS学園でゆっくりしたいお話。

努力しなくても結構なんでも出来てしまう、篠ノ之束も認める天生(天才よりも上)肌の霊夢さん。

剣道で勝負してもメッチャ強いです。



灼眼のシャナとのクロス

▼『風見幽香』な私。

├評価:A or A+
└風見幽香の肉体を持って、灼眼のシャナの世界に転生したオリ主の話。

肉体を持っているというか、肉体に憑依しているというか、自分が思っているのとは別に、身体が勝手に幽香の口調でしゃべる。

アラストールでも勝てないぐらいに最強で、最古の紅世の王とされている。

面白い。

ちなみにオリ主は、東方は知っていますが、シャナの話は知りません。



ゼロの使い魔とのクロス

▼ゼロの使い魔~白黒の自称普通の魔法使い~

├評価:A+
└霧雨魔理沙が、ルイズに召喚される話。

魔理沙の性格によるものか、サイトに対してよりも扱いはかなり良い。

というか、魔理沙は可愛いしカッコいいから、ハルケギニアでも沢山の人に好かれてします。



▼ルイズと無重力巫女さん

├評価:A
└博麗霊夢が、ルイズに召喚される話。

100話まで続いている長編。

2012年から始まり最終更新が2019年と、実はちょっと最近まで続いていたという、なかなか凄い作品。



ダイの大冒険とのクロス

▼東方大魔王伝

├評価:A
└長編SS。東方Projectとのクロス作品。ダイに敗れた大魔王バーンが、紫の手によって幻想郷にやってきます。



史上最強の弟子ケンイチとのクロス

▼天衣無縫の巫女 レイム

├評価:A or A+
└風林寺隼人が博麗霊夢の後見人。

術とかは使えませんが、霊夢は武道として合気道を嗜んでいる。(武術ではなく武道)

勿論、そこは霊夢さんなので、当たり前の如くかなり強い。

最近神社に梁山泊の面々が来ないので、逆に行ってみる事にしたら、ケンイチが入門し始めていて、必死で「スルメ踊り」をしていた。

2021年10月11日から投稿され始めた作品で、今後も更新が期待出来そうな素晴らしい作品。

2021年11月18日に更新された「捌(はち)の段」は、結構ドキドキ・ワクワクしちゃいました。

霊夢「…活人だの殺人だの……鬱陶しいにもほどがあるわ」



魔法科高校の劣等生とのクロス

▼魔法科高校の幻想紡義 -旧-

├評価:A
└ハーメルンのチラシの裏にあった小説。幻想郷と外の世界を往き来しているオリ主が、魔法科高校に通います。

森崎とは昔馴染み。魔法を兵器としてではなく、演出として扱う演出魔法の創始者として、外の世界では有名になる。

面白いところは面白かったし、外の世界と幻想郷を往き来出来るというのは凄いんですが、正直読んでみると、自分は幻想郷の話が余計に思えてしまった。

「改」の方も序盤少しも読みましたが、最初だからかあまり違いが見られなかったので、本当に序盤だけ読んで読むのをやめました。


▼魔法科高校の風祝

├評価:B+
└東風谷早苗がまだ外の世界にいて、第一高校に通う事になっていたら?な話。

ぶれない早苗さんは、今日も一生懸命信仰を集めるために頑張ってます。

ちなみに、自分の好きだったところは↓のコレ。

入試では早苗さんは一般科目は高水準。
しかし、魔法理論なんかは赤点。

 Q、【魔法を使うのに必要なものは何か述べよ】に対しての回答が

 模範解答 【想子サイオンと霊子ブシオン】

   早苗の解答 【信仰心】


▼魔法科高校の楽園の巫女

├評価:B or B+
└気付いたら、第二の生を得ていた主人公「四葉霊夢」が、ずっと母である四葉真夜に監禁されていたが、やがて高校生となり、第一高校へ通う事になる話。


▼博麗少年、魔法科高校に落つ

├評価:B or B+
└これは、過去に最優の遺伝子とまで言われた「博麗」の少年が、魔法科高校に通う話です。

ちなみに、霊夢は霊夢で、幻想郷の博霊として別に存在しており、簡単に言うと、主人公は霊夢をそのまま男にしたような感じらしいです。


魔法先生ネギま!とのクロス

▼東方英雄録

├評価:A+
└とりあえず、ルーミアが超絶に可愛い。

学園長がエヴァンジェリンを君付けしたり、一部で人の呼び方が違うところが、やっぱりちょっと違和感を感じる。

評価に関しては、中盤までがとても良かったので。

でも、中盤以降は自分的にはそんなにでした。

「東方英雄録」は、同じ名前の作品が幾つかありましたので、そこだけご注意を。

しかし、ルーミアは弱く幼いとはいえ人食いの妖怪…そんな子が、マホラでちゃんと生きていけるのか?

あと、やっぱりエヴァちゃんは頼れますね!

スイカバーのアーティファクトを手に入れたチルノも強い!



▼東方結壊戦

├評価:A+
└フェイトアーウェルンクスが、幻想郷の結界に穴を開けようとして、紫が激おこ。

霊夢とマリサをマホラに送って、フェイトを捕まえてくるように言う。

東方勢が超強い設定。

まぁ、普通は神様とかが敵にいたら、まず無理ですよね。

霊夢とマリサの最強モノっぽい作品。



▼魔法先生ネギま project in TOHO

├評価:B+
└ナギやアルビレオ達とパチュリーが知り合い。

昔一緒に戦争に参加していた。

そして、紫が魔法世界の動きなんかを考えて、霊夢とマリサをマホラ学園に転入させる。

序盤は、紫の話し方に違和感を感じたり、文字の間違いなどもチラホラ見かけられましたが、霊夢とマリサが参加する修学旅行編のストーリーは、自分もちょっと面白いと思えてきた。



▼魔法先生ネギま英雄達の軌跡

├評価:未評価
└サウザンドマスターのライバルと呼ばれていたオリ主が、学園長に呼ばれて、ネギのクラスの副担任と、女子寮の管理人を頼まれます。

実は第一話目を読んで気分が全く乗らなかったので、まだ読んでいない。



鬼滅の刃とのクロス

▼「東方」の小説・夢小説検索結果|無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

├評価:なし
└東方の夢小説検索結果。鬼滅の刃とのクロスが人気上位にあった。

ただ、評価がなしになっているのは、人気上位にあった鬼滅の刃とのクロスが、2作品とも自分はあまり面白いと思わなかったからです。

でもまぁ好みは人それぞれですし、ここには夢小説が沢山あるので、興味がある方はご覧になってみて下さい。



東京喰種とのクロス

▼東方喰種!現代入りしたルーミア

├評価:B+
└幻想郷から、喰種のいる外の世界にやってきたルーミア。

人肉を食べたり、眼が赤いなどといった特徴も、そういえば似ていますね。

あんていくで、皆と一緒に働きます。



【東方Project】その他、短編小説・SS

博麗霊夢

▼博麗霊夢「あんた、もう幻想郷から出て行きなさい」俺「え…?」

├評価:B+
└衝撃の事実!

「幻想郷は全てを受け入れる」といいますが、自分のように何も出来ない、面白味もないただの一般人では、どうやら居場所を作る事は難しそうです…。

可愛いけども、みんな厳しい。



霧雨魔理沙

▼魔理沙「好きな男の手前猫かぶっちゃう系女子」

├評価:B
└友達が、いきなり口調変えてきたらビックリしますよね。

好きな異性を目の前にすると、緊張してしまうのは仕方ない。



サブコンテンツ

このページの先頭へ