夢幻台さんのコラム 17



サークル:ホームページブログTwitter
作品:カラーズパーティーカレンダーパーティータイムパーティーセブンスパーティーツクール×スクール干支ランジェパーティー作品一覧
夢幻台さんのコラム:0102030405060708
09101112131415161718




○ゲームの面白さとは?

 ゲーム完成学7「『複数の面白さ』と『勢い』」でも述べましたが、大きく分けて3種類の面白さがあると考えています。前回は完成を意識した上での面白さの扱い方について書かせていただきましたが、今回は少し切り口を変えて、純粋にその三様の面白さについて書いていければと思います。

※3種類の面白さ
1.見て楽しい、その場が楽しい『瞬間の面白さ』
2.動かして楽しい、話を進めて楽しい『プレイの面白さ』
3.一通りゲームをプレイし終えて(クリアし終えて)感じる『クリアの面白さ』

・面白さには作る際のメリットとデメリットがあり、ゲームのジャンルによって作りやすさが違う

 三様の面白さに関して、まずそれぞれの面白さを作るにあたっての、自分の考えるメリットとデメリットを書いていきたいと思います。また、作ろうとするゲームのジャンルによって作りやすい面白さも変わってくると思うのでそれに関しても併せて書いていきたいと思います。

①『瞬間の面白さ』について
・メリット
☆勢いで作れることが多く、制作に時間がかからない
☆ハマった時の面白さのレベルはかなりのものになり、爆発力がある
・デメリット
☆1つの作品として形にするには数を用意するか、何かしらのひねりを入れる必要がある
☆ワンパターンな作りだと飽きるのがやや早くなりがち
・『瞬間の面白さ』を作るのに向いているのはこんなジャンル
☆超短編を含む、短編もの、ミニゲーム集など
☆一枚絵をウリにできるヴィジュアル作品

②『プレイの面白さ』について
・メリット
☆純粋にプレイすることが楽しいため、何度も繰り返し遊んでもらえる
☆ジャンルにもよるが、ストーリー性が薄かったり、無かったりしてもゲームとして成立できる
・デメリット
☆(恐らく)一番作り手の技量が面白さに直結するため、失敗すると非常につまらないゲームになりがち
☆楽しくプレイできるゲームバランスを要求されるため、テストプレイや調整が大変
・「プレイ」の面白さを作るのに向いているのはこんなジャンル
☆アクション・格闘ゲーム(特に対戦型ゲーム)
☆アドベンチャー・パズル・RPGなどでもアクション性の高いもの

③『クリアの面白さ』について
・メリット
☆ゲームをストーリー丸ごと知ってもらった上での面白さのため、作品を深く知ってもらいやすい
☆面白さとともに『達成感』も提供できるため、プレイ後のプレイヤーへ与える満足度がかなり高い
・デメリット
☆ゲームを完成させる必要があるため、面白さを提供するための敷居が高い
☆制作期間が長くなりやすい
・「クリア」の面白さを作るのに向いているのはこんなジャンル
☆RPG(特に中編以上)
☆特に高難易度の面クリア型ゲーム(パズルゲーム等)

※もちろん実際には上記の複数の面白さを絡めて作品を作っていくわけですから、この分け方が多少乱暴な分け方であることは承知の上です。でも何かの参考にしていただけたら幸いです。


・1エンターテイメントコンテンツとして、「ゲーム」が得意とする面白さは?
 それぞれのジャンルが得意とする面白さを知った上で今度はさらに広げます。つまりゲームそのもの、楽しさを提供する1エンターテイメントコンテンツとして、「ゲーム」が最も得意とする面白さは?と聞かれれば…。自分の結論は②「プレイの面白さ」だと答えます。

 やはりゲームはプレイして面白いものが、ゲームとして面白さを提供していると言えるだろうし、ゲームのもっとも得意とする面白さだと思っています。①『瞬間の面白さ』は一発ネタやイラストで、③『クリアの面白さ』は(最後まで観終わった面白さと考えて)映画やドラマ、マンガなどでも味わうことができますが、②『プレイの面白さ』だけはゲームならではのものかなと考えています。敢えて他の代用を挙げるとするならスポーツの類が近いと思っていますが、自分のように運動神経の鈍い者にとってはなかなか楽しむ段階までいかないスポーツが多いのも事実です。でもスポーツは苦手でもゲームなら…という方は自分も含めて結構いるのではないでしょうか。今流行している「実況プレイ」や格闘ゲーム大会動画など、プレイを視聴して楽しめる、一緒にプレイしている気分になれるというのもスポーツと似ているかなと思っています。

・ゲームの得意とする面白さが完成を遠ざける!?

 そしてこれがゲームの完成を困難なものにしている理由でもあると思います。

 前述の通り②の面白さは作り手の技量が最も問われる、ある意味もっとも難しいと思う部分なので、作ろうとしてはみたけどどうも面白くならなくて挫折…ということも多々あると思います。スポーツに近い側面があると言いましたが、スポーツで言うなら「なるべく万人ウケするルール・バランスを作らなければならない」わけですからその大変さも分かろうものだと思います。簡単すぎず、難しすぎず、幅広く楽しめるルールや難易度を作り出すことは容易ではありません。もちろんこれはRPGで言うなら戦闘難易度や謎解き難易度にも当てはまります。難易度変更システムやイージーモードの搭載などである程度間口を広げることはできるとは思いますが…。

 また「ゲーム完成学」で触れたとおり、完成を目標に据えるのならば重視するべきは③「クリアの面白さ」なのに、ゲームで最も面白いのが②「プレイの面白さ」ということになっています。ゲームのもっとも得意とする面白さは②なのだから、それさえ提供できれば別に完成していなくてもいいじゃないか、ということにもなり兼ねません。特に格ツク作品に多い「面白いんだけど未完成」となってしまうのも仕方のないことかなと考えています。作り途中…全キャラ仕上がっていないけどこの時点でプレイして結構面白いし、わざわざ完成に固執しなくてもいいか…となるのもわかります。

 でも、その上で自分は、面白さを提供するのも大事だけど「作品」として作っている以上はキッチリ完成まで仕上げることも大事だと強調したいな、と思うのです。

(つづく)




●感想をTwitterでつぶやいてみよう!

このコラムをご覧になられた方は
是非一度Twitterで感想をつぶやいてみて下さい♪


このエントリーをはてなブックマークに追加




※オマケ



COLORS PARTY ?LOST IN EATER?
詳細:マニュアルスクリーンショットダウンロード

「色に染まるな、闇に染まれ」
色彩格闘エンターテイメント後継作2D格闘!
「DIV」×「EXZAM」夢のコラボで送る
生まれ変わった新境地のカラーズパーティーが遂に実現へ!






↑「DIV」×「EXZAM」夢のコラボで送る
生まれ変わった新境地のカラーズパーティーが遂に実現へ!






ツクール×スクール
詳細:児童生徒紹介設定資料ページダウンロード

新感覚コラボレーションRPG!
そこは個性豊かな児童・生徒と想像力に溢れる学校…
ツクラー2人一組で送る一斉キャラコラボレーション






↑「ツクール×スクール」のプロモーション動画

最近更新したコンテンツ

2016年01月29日
ニュース
アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」がゲーム化
BD&DVD1巻の特典として収録
2016年01月28日
新着ゲーム
「消灯時刻」
終末世界で起きる、残された人達の物語
2016年01月27日
ニュース
Web漫画「おじさんとマシュマロ」が面白い
おじさんとOLの、微妙に噛み合わない恋愛風景
2016年01月26日
ニュース
漫画「ステラのまほう」がアニメ化決定!
女子高生達が同人ゲームを作る4コマ漫画
2016年01月24日
新着ゲーム
「レミリアケツKicker」
レミリアさんのお尻を蹴るゲームが出たよ
2016年01月21日
新着ゲーム
「凍れる心がとける時」
短編ADV。ファンタジーな世界での恋する学生のお話
2016年01月18日
新着ゲーム
「ゆぼひくっ!」
勇者を作って冒険する?超簡単な暇つぶしゲーム
2016年01月17日
新着ゲーム
「ワーズ・アンド・マジック」
スマホやタブレットで遊べるタイピングRPG
2016年01月15日
新着ゲーム
「東方紅輝心」
レミリアと咲夜の3DアクションRPG
2016年01月14日
新着ゲーム
「TS:NONUPLE NINE ノナプルナイン」
ちょっと(?)エッチな探索型ADVゲーム
2016年01月12日
新着ゲーム
「森でクマさんテラヤバス」
可愛い少女・OLと紳士なクマさんの追いかけっこゲーム
2016年01月12日
コラム
「リド・カイン」さんの連載コラム 第5回
「ゲーム制作一人で出来るもん!データベース作成編」
2016年01月11日
新着ゲーム
「KATHARSIS?禁断病理の子供達?序章」
フルボイス!?「医能伝奇」バトルADV
2016年01月09日
新着ゲーム
「リセマラ勇者」
ガチャを回して勇者を集めてよう
2016年01月06日
新着ゲーム
「ハンスとグライフ」
【18禁】女性向けのダークファンタジーゲーム
2016年01月05日
コラム
「道玄斎」さんの連載コラム 第42回
「非グリム的童話の世界へ」
2016年01月03日
コラム
「眠田 直」さんの連載コラム 第4回
「ゲッペルスちゃん3」制作報告コラム・その4

個人、同人の創作ブログ更新情報


ゲーム制作者様 - 丹下さんの連載コラム

ダミー画像

超お勧めのサークルさん!何でフリーゲームなのか分からないくらいクオリティの高い、フルボイスのADV作品を制作されておられます(*゚∀゚)=3 サークル結成時から、作品完成までのお話を書いて頂きました。

ゲーム制作者様 - カンナさんの連載コラム

ダミー画像

趣味でノベルゲームの制作をされておられる「革命前夜」の漫画描きさんヾ(*´∀`*)ノ ゲーム制作のきっかけから、色々と試行錯誤されていたお話を書いて頂きました。

レビュアー様 - 道玄斎さんの連載コラム

道玄斎さんのコラム

「久住女中本舗」というブログでフリーノベルのレビューを昔からされておられ、ゲーム素材のポータル運営など、幅広く活動されておられる凄い方。

ゲーム制作者様 - 電動伝奇堂さんの連載コラム

電動伝奇堂さんのコラム

フルボイスでめっちゃ動く、オリジナル中華風現代伝奇ノベルゲーム「キョンシー×タオシー」の制作者さん。序盤の迷走から、何故キョンシーなのか?など、様々なお話を頂いております。

ゲーム制作者様 - 夢幻台さんの連載コラム

夢幻台さんのコラム

ツクールを使ってのゲーム制作者、通称「ツクラー」の端くれです。ツクール歴は20年を迎え、個人制作作品は今現在12作品公開させていただいております。複数の方との共同制作、いわゆるコラボ作品「格ツクコンチェルト プロジェクト2D」や「ツクール×スクール」なども制作させて頂きました。

ゲーム制作者様 - ふしぎの国ねこ横町さん番地さんの連載コラム

ふしぎの国ねこ横町さん番地さんのコラム

ジャンルに囚われない作品制作を目指す、男女二人から成る創作サークルです。アドベンチャーゲーム・サウンドノベルゲーム・ドラマCD・シチュエーションCDと徐々に作品の幅を広げています。結成からまだ2年と短くはありますが様々な物事にチャレンジしていきたいと思っています。

ゲーム制作者様 - granat 館山緑さんの連載コラム

granat 館山緑さんのコラム

ゲームシナリオライター、小説家です。アホほど分岐の多い、陰気なテキスト系ゲームを制作しています。陰気、分岐、青春を目指しています。

ゲーム制作者様 - デスポンさんの連載コラム

デスポンさんのコラム

小1でRPGツクール95を触り始めツクール暦17年目。大学時代に学校をサボりまくって作った長編BloodyAliceが「第8回ふりーむコンテスト」で二冠達成。現在は社会人の傍ら活動しているため、忙しさに応じて製作速度がブレる。ここ最近は落ち着いているため新作に意気揚々と着手している。

サブコンテンツ

このページの先頭へ