オーダー&カオス デュエル

「オーダー&カオス」シリーズに登場するヒーロー達を完全再現!

オーダー&カオス デュエル

カードは約300種!4種族、4クラス、4タイプのカードを使いこなして渾身のデッキを編成しよう!ストーリーモードは勿論、イベントボスや、世界中のプレイヤー達と対戦が出来るマルチプレイ機能も搭載!世界ランキング上位を目指してみるのも面白い♪

ゲームの紹介動画



この動画を見て頂ければ、何となく感じは掴めると思います。基本プレイ無料のゲームなのに、美麗なグラフィックと、重厚な音楽なのは嬉しいですね。

こんな感じのゲーム

1.簡単だけど奥深い!
2.レアカードを集めたり、レベルを上げて強くなる事も出来る!
3.強いカードが無くても、自分だけの戦略を考えて戦う事が出来る!
4.世界中のプレイヤーと対戦する事も可能!

管理人のコメント

久しぶりに、本気でスマホゲームにハマりましたw

僕は、あんまりアプリに課金しない方なのですが、ストーリーモードをやってみて、面白かったのでマルチプレイを遊んでみたら、欲しいカードが沢山出てきて、3日目くらいでとりあえず1000円課金して、良いカードが出て嬉しかったので、更に2000円課金しちゃいました(^^;)

僕が学生時代にハマっていたトレーディングカードゲームで、「マジック・ザ・ギャザリング」(今でも有名)という作品があるのですが、マジックを好きな方であれば、似ている部分もあるので、ハマりやすいのではないかと思います。

実際のところ、スマホで本格的なカードゲームは難しいと思っていたのですが、今の携帯ゲームのレベルはもの凄いですね(;´∀`)

※課金無しでも戦えるところが嬉しい!

携帯ゲームの場合、中には課金しないとあまり楽しめないゲームもありますが、その点「オーダー&カオス デュエル」なら戦略次第で強いデッキを倒す事も出来るので、あまり課金をされない方でも遊び易いのではないかなと思います。

勿論、世界ランク上位のユーザーと戦うともなると、流石に無課金では厳しいかもですけど(笑)

はじめに

ゲームを始めると、最初に「人間」「エルフ」「オーク」「アンデット」の4種族から選択します。続けて、各種族毎にそれぞれ4つの職業のヒーローが用意されていますので、その中から一人、自分の好きなヒーローを選ぶ事が出来ます。

ヒーローを選ぶポイントとしては、各ヒーロー毎にヒロイックアビリティという必殺技みたいなものがあるので、それらを参考に選んでもらえればと思います。
(ヒーローは、後から追加する事も可能です)

参考までに、人間のヒーローだとこんな感じです。

↓ ↓ ↓

カードを集める方法

「オーダー&カオス デュエル」には、ストーリーモードとマルチプレイのオンライン対戦モードがあります。

ストーリーモードを進める事によって、少しずつカードを追加していく事も可能ですし、マルチプレイでランキングUPと報酬を狙う事も可能ですが、ここでは簡単にではありますが、これからゲームを始める方に向けた、効率の良いカードの集め方をご紹介させて頂きたいと思いますので、宜しくお願いします。

1.新しいヒーローをアンロックしよう!

本作品では、二人目のヒーローは無料で作る事が出来ます。ヒーロー毎に別のデッキ(カードを集めたもの)が用意されていますので、ここで最初とは別のヒーローを選ぶと、新しいカードを一気に手に入れる事が出来ます。

ヒーローのアンロックには、3人目からゲーム内通貨が必要になりますが、ある程度は、ストーリーモードを進めていくと手に入れる事が出来ますので、3人目以降はアンロックに必要なゲーム内通貨をチェックしながら、コインやルーンがある程度貯まった段階で再度アンロックを試してみると良いと思います。

2.レベルを上げて、レアカードを手に入れよう!

本作品では、ヒーローのレベルが5つ上がる事によって、新しいパックを無料で手に入れる事が出来る様になっています。例えば、ヒーローがレベル5になるとコモン、レベル10でエンシェント、レベル15でレジェンドなど…。

ただ、レベルを上げるには結構手間も掛かりますので、なるべく早くレベルを上げたい方は、ショップでゲーム内通貨500コインで購入出来る「経験値+150%」のアイテムの購入をご検討されてみられては如何でしょうか?「経験値+250%」「経験値+500%」のアイテムもありますが、こちらの購入にはルーンが必要になるので、ご注意下さい。

3.マシカの塔に挑戦してみよう!

40ルーンを支払ってエントリーし、マルチプレイで対戦を行います。

エントリーしたらまず、ランダムに選ばれた3つのヒーローから自分の使用するヒーローを一人選びます。その後、ランダムに3枚のカードが選択肢として出てきますので、その中から1枚を選ぶとデッキに加えることが出来ます。あとは、これを35回行なえば35枚のデッキが完成するので、そのデッキで他のプレイヤー達と対戦します。

マシカの塔は9つのステージで構成されており、マルチプレイで勝利すると1つステージが上がり、報酬が得られます。ただし、3回負けると塔から追い出されて、今まで得た報酬も没収されてしまいます。勿論、途中で報酬を貰って退場することも可能なので、状況を見て判断しましょう。

・ステージ 1 - 8 ルーン
・ステージ 2 - 10 ルーン
・ステージ 3 - ランダム ユニーク1枚
・ステージ 4 - 12 ルーン
・ステージ 5 - 14 ルーン
・ステージ 6 - ランダム レア1枚
・ステージ 7 - 16 ルーン
・ステージ 8 - 19 ルーン
・ステージ 9 - ランダム エピック1枚

※ステージ 3 の報酬
酸の沼、 シャドウサイスウィーバー、 シャッターブラスト、 ドラゴンボーンホラー、 クレセントムーンソード、 ダークテンプトレス、 永遠の支配者、 ゴロシア、 ヒルズオブアンギッシュ、 スプリットショット、 ショックウエーブ、 クラウチングタイガー

※ステージ 6 の報酬
ソウルハーベスト、 ギミモ・オレカシ、 瞬斬スカーレット、 龍の加護、 エターナルパワープレート、 13 R、 炎術士パイティーダ、 スナイパー・カタリン、 セシリア・イーグル・ストライク、 ピースブロッサム、 終焉の未亡人、 誘惑のバンパイア

※ステージ 9 の報酬
古竜、 戦士の甲冑、 無慈悲なマッカラ、 スマイトオブゴッド、 ギガグラスプ、 ドラゴンクイーン、 海憤のトリトン、 アビストリビューナル、 聖なるアーチウィング、 堕ちたヒルドラ、 イブランの復讐、 まひした絆

Q&A

自分も最初分からなかった事や、よく質問されている質問をまとめてみました。

1.カードの情報や、ストーリーモード、マルチプレイ、マシカの塔など、攻略情報はどこを見たらいいですか?

攻略wiki攻略データベースを参照してみて下さい。

2.エピックボスって何?

ルーンを消費する事で召喚可能なボスです。戦闘する時は、ボスの体力を選択して、勝利するとその数値分、ボスの体力を削る事が出来ます。
(数値は10、35、45、55)

条件によって貰える報酬は5種類ありますが、「召喚者」の条件をクリア出来ると強いカードが貰えるらしいですが、僕は貰った事がないので分からない…。
詳しくはこちらをご参照下さい。

3.アルケミー(融合、超融合)とは?

アルケミーでは、いらないカードを処分して、一定ポイントを貯めるとカードを入手する事が出来ます。融合と超融合の違いは、必要なポイント、入手できるカードの質、入手できるカードの枚数、これらが全て超融合の方が高くなっています。
詳しくはこちらをご参照下さい。

4.その他

上記以外の質問に関しましては、公式サイトのよくある質問をご参照下さい。

最近更新したコンテンツ(スマホゲーム)

2018年03月07日
雑記
【FGO】第六特異点から急に難しくなった
1200万DL突破記念のAP四分の一が有り難いです
2018年03月05日
雑記
【FGO】ジークフリートが強くなりました
強化クエストも終えて初レベル80
2018年03月01日
雑記
【FGO】10連ガチャを連続で引きたい…
最近、FGOをメッチャやってます。
2018年02月26日
雑記
【FGO】空の境界 復刻版終わりました
周回は本当に疲れました…
2018年02月25日
雑記
【FGO】FGO始めましたヾ(*´∀`*)ノ
ipadに入れて放ったらかしにしていたFGOを始めました
2018年02月20日
雑記
【サマナーズウォー】闇イフリートがやっと完成しました…
ここまで来れたらもう中級者を名乗っても大丈夫?
サブコンテンツ

ゲームに関する人気カテゴリをご紹介!

  • 同人ゲーム(体験版有り)

    PCで遊べる同人ゲームを紹介しています。基本的に体験版のある作品をピックアップしていますから、ちょっと時間が空いた時に、試しに遊んでみるゲームとしてもお勧めです♪

  • 東方ゲーム

    同人ゲームの中でも大人気を誇っている東方Projectの、お勧め&体験版ゲームを紹介しています。フリーで遊べる二次創作の作品から公式ゲームまで満載♪シューティング系に自信のある方は是非★

  • 女性向けゲーム(BL・乙女など)

    ここ最近人気急上昇中の新ジャンル!BL系や乙女系のゲームを紹介しています。有料作品もありますが、こちらも殆どの作品に体験版が出ていますので、少しでも興味があるという方には、是非お勧めしたいです!個性的な作品もありますが、男性の方がプレイして絶賛されていた作品もあるので、こちらもかなり奥が深いです!

このページの先頭へ