異世界ではなく宇宙人に転生する小説や漫画

転生物ではなく、宇宙人が地球人と接触してくる作品もありますよ。

▼転生したので、たった一人で地球と貿易してみる ~ゲーム好き魔術少女の冒険譚~

├評価:S
└ゲーム好きな高校生だった主人公(男)が、地球よりも遥かに文明の発達している惑星マルデアで女に生まれ変わった話。

マルデアの上層部は、地球を野蛮な星と認識しているので、アメリカのNASAからあった通信も無視していたが、それを知った主人公が交流を希望し、ただ一人地球に訪れて貿易します。

まぁ、貿易と行っても難しい事はなく、マルデアでは娯楽産業がそれほど発達していなかったので、地球からはゲームを仕入れてきて、それを売ったお金で、マルデアからは魔術品を持ってきます。

ハイパーなマルオが暴れるスウィッツが、子供達に人気。

正直メチャクチャ面白かったです。

要所要所に入っているイラストも良い感じ。

なろう系の作品に関しては、一時はかなりハマっていたのですが、最近は新作にハマったりする事が少なくなってきて、ちょっぴり寂しい気がしていたんですよね。

しかし、この作品は自分にはかなりストライクだったのか、一気に読んでしまいました。

あと、TS(男性が女性に生まれ変わる話)系の物語に対して、抵抗のある方もいらっしゃるかと思われますが、本作品に関しては、自分は全くそういった気持は抱きませんでした。

ライトな小説として純粋に楽しめたので、自分の評価をある程度信頼して頂けるのであれば、是非読んで頂きたいです。

ちなみに、管理人のお気に入りはスタ2大好きなニニアちゃん。

以下は、面白くなってくるところまでの話を、簡単に紹介。




※序盤の解説

第1話 - 地球で死亡、転生
第2話 - マルデアで女の子に生まれ変わる
第3話 - 地球と交信
第4話 - 地球に行く
第5話 - ホワイトハウスに招かれる

※マルデアで、ゲームを買ってくれた子供達の反応が好き

「…マルオとお別れしてないけど電源を切っていいのかとか、そういう質問が来ました」や、子供はスイッツの中にマルオが住んでると思っている…なんていう話に、自分はグッときちゃいましたよ。




これを読むと、昔の事を思い出す。

自分も、近所にあるイカ焼き屋のおっちゃんの所とかで、1回20円のゲームをよくやってました。



▼銀河連合日本

├評価:A+
└宇宙人が地球にやって来て、色々あった結果、日本とだけ国交を結ぶ事になるお話。

勿論、地球より遥かに優れた科学力を持っている宇宙人と接触出来るのに関心がない国は無く、これに関しては、日本も各国からはえらいめにあいますが、日本も日本でやられてばかりではない。

物語の導入部分から、本編の楽しくなってくる部分までは少しありますが、主人公の背景やら世界観を知れるので、じっくりと読むのをオススメします。

自分が確認した時は、Amazonのレビューでも高く評価されてましたので、気になる方はそちらを確認してみて頂ければと。

とまぁ、こんなどうでもいい紹介をされても、実際に面白いかどうかは分からないでしょうが、自分としてはとても面白かったです。

ぶっちゃけた話、この小説は随分前に見つけた事があるんですよ。

あれはたしか、自分がマージナル・オペレーションというライトノベルが大好きで、星海社FICTIONSさんから出ている作品を探していた時だったと思うんですが…。

すいません。

あの時は、たしかタイトルで何となくスルーしてしまってたんだと思います。

いや、だってその時は、別に宇宙とか宇宙人とかにも興味無かったですし(汗)

しかし、実際に読んでみると面白く、長編なのでかなり読み応えがある。

というか、これを書いている今は書籍版をまだ読んでなくて、小説家になろう版の中盤くらいまでしか読めていないので、とりあえず続きを読みます。



▼エイリアンに支配された日常と非日常 ~頭の良いアホなエイリアンに支配されて、地球は大変な事になってしまいました~【イラスト入ってます!】

├評価:A+
└現代に、地球より遥かに高い技術力を持っている宇宙人が接触して来て、大変な事になってしまう話。

小説家になろうに投稿されている作品では珍しく、所々にイラストが挟まれていて、物語のシーンがとてもイメージしやすいです。

接触して来た宇宙人は温厚ですが、ちょっと変わっている。

しかし、恐ろしい技術力を持っているのは確かで、男性の一部が駆逐されたり…。

主人公は高校生(男)ですが、現地スタッフを募集するという話を聞いた姉(就職の面接で落ちた)が、速攻で連絡して、その宇宙人の所に就職する事に。

この小説について、似たような設定を思い付く人はチラホラおられるかもしれませんが、実際にそれを形にして、面白いと思えるレベルで長編作品に仕立て上げた作者様は、本当に凄いと思う。



▼銀河の果てからの、ただいま

├評価:A or A+
└地球から遥か遠い場所で、宇宙人に生まれ変わったオリ主(男→女)が、NASAと接触したり、商売をしたりしながら、地球が大変な目にあってしまうお話。

商売に関しては、NASAで交流を持った人物に進められた感じ。

発想や行動の規模がとんでもないので、想定される地球側の被害が甚大。

残酷な描写が結構出てくるので、そういうのが苦手な人は読まない方がいいかも。

何度か笑ってしまったシーンもあるので、個人的にはオススメですよ。



▼TS転生美少女宇宙人、地球侵略を命じられる

├評価:A
└見た目はエルフっぽい感じの宇宙人(女性)に転生したオリ主が「地球文明の調査、および掌握を行って貰いたい」と言われるところから、物語がスタート。

しかも、手段は問わず、低予算でお願いしたいと頼まれます。

オリ主としては、万が一武力衝突にでもなってしまうと、地球が大変な事になってしまうのは確実なので、どうにか平和的にいかないものかと悩む。

とりあえず、色々考えた結果、地球にある全ての電子機器をハッキングして、全地球人の皆さんに挨拶をしてみたら、それはもう地球は大パニックに…。



▼地球担当の外交官に任命された元地球人の受難

├評価:A
└宇宙人に転生したオリ主が、地球との外交を任される話。

宇宙人から始めて連絡が来たNASAは、もう大パニック。

自分がこの作品を始めて読んだのが2022年11月06日で、この時点ではまだ5話迄しか出ていないのですが、今後が楽しみではある。



このページの先頭へ