初めて★6モンスターを作るのはとても大変でしたw

初めての星6モンスター育成は大変

どれだけの人達が★6育成の壁に阻まれてきたのやら…。

★6モンスターを育てるのに必要なモンスターの数

星2モンスターの場合
・MAX+2体=星3(計3体必要)
・星4を作るには星3が4体いるので、↑×4で12体
・星5を作るには星4が5体いるので、↑×5で60体
・星6を作るには星5が6体いるので、↑×6で360体?

星3モンスターの場合
・MAX+3体=星4(計4体必要)
・星5を作るには星4が5体いるので、↑×5で20体
・星6を作るには星5が6体いるので、↑×6で120体?

…あってるかな?(;´∀`)
ぶっちゃけ、あまり計算には自信がないのですが、とにかく沢山のモンスターが必要になるという事は確かです。これがまた、とてもしんどいのですw

なるべく簡単に★6モンスターを作る方法

1.ギルドショップで★4MAXのレインボーモンを入手する
ギルドバトルの報酬で、週に一度ギルドショップで★4MAXのレインボーモンを手に入れる事が出来ます。必要なポイントは150なので、入手難度はかなり易しい。あと、最近は初回★5進化プレゼントとかもあって、ここでも5日後には★4MAXのレインボーモンが手に入るようになっていますから、これらのレインボーモンはかなり役に立つと思います。

僕がゲームを始めた頃は、ギルドバトルも★5進化プレゼントとかもなかったので、あの頃と比べるとかなり作りやすくなっていると思います。

初回★5進化プレゼント

2.秘密ダンジョンを活用しよう

秘密ダンジョンは★2から★3、たまにヒーローダンジョンという名で★4モンスターのダンジョンが出てきます。ヒーローダンジョンは難易度が高いですから、ここでは★3が手に入る秘密ダンジョンに注目したい。

★3の秘密ダンジョンは、たまに公式から期間限定で開かれたりしますが、通常(1時間)と違い時間は十分にありますので、その間に召喚書の欠片を取りまくりましょう。気に入ったモンスターでなくとも、進化を目的とした餌の価値は十分あると思いますし、難度もそんなに高くないはず。ついでにゴールドも貯めて一石二鳥の作戦にしちゃいましょう!(時間・経験値を含めた効率では、パイモン火山に劣るみたいですが、餌目的ならアリ)

★2モンスター召喚に必要な召喚書の欠片:20個
★3モンスター召喚に必要な召喚書の欠片:40個
★4モンスター召喚に必要な召喚書の欠片:50個

★6モンスター育成の参考までに…

ちまたでは、サマナーズウォーをプレイしている沢山の方達が、自身のサイト・ブログで考察を述べられています。非常に参考になる意見も沢山あり、僕も日夜勉強させて頂いています。ここでは、そんな中から星6育成に関するを記事を幾つか見つけましたので、それらをご紹介させて頂きたいと思います。


1.サマナーズウォー:Sky Arena 攻略図鑑

2.サマナーズウォー攻略ブログ

3.イワシのサマナーズウォー攻略

最近更新したコンテンツ(スマホゲーム)

2018年03月07日
雑記
【FGO】第六特異点から急に難しくなった
1200万DL突破記念のAP四分の一が有り難いです
2018年03月05日
雑記
【FGO】ジークフリートが強くなりました
強化クエストも終えて初レベル80
2018年03月01日
雑記
【FGO】10連ガチャを連続で引きたい…
最近、FGOをメッチャやってます。
2018年02月26日
雑記
【FGO】空の境界 復刻版終わりました
周回は本当に疲れました…
2018年02月25日
雑記
【FGO】FGO始めましたヾ(*´∀`*)ノ
ipadに入れて放ったらかしにしていたFGOを始めました
2018年02月20日
雑記
【サマナーズウォー】闇イフリートがやっと完成しました…
ここまで来れたらもう中級者を名乗っても大丈夫?
サブコンテンツ

ゲームに関する人気カテゴリをご紹介!

  • 同人ゲーム(体験版有り)

    PCで遊べる同人ゲームを紹介しています。基本的に体験版のある作品をピックアップしていますから、ちょっと時間が空いた時に、試しに遊んでみるゲームとしてもお勧めです♪

  • 東方ゲーム

    同人ゲームの中でも大人気を誇っている東方Projectの、お勧め&体験版ゲームを紹介しています。フリーで遊べる二次創作の作品から公式ゲームまで満載♪シューティング系に自信のある方は是非★

  • 女性向けゲーム(BL・乙女など)

    ここ最近人気急上昇中の新ジャンル!BL系や乙女系のゲームを紹介しています。有料作品もありますが、こちらも殆どの作品に体験版が出ていますので、少しでも興味があるという方には、是非お勧めしたいです!個性的な作品もありますが、男性の方がプレイして絶賛されていた作品もあるので、こちらもかなり奥が深いです!

このページの先頭へ