バキの漫画が好きな皆さんへ

皆さん、こんにちは。
無料ゲーム.comの管理人です。

グラップラー刃牙ですが、今ではバキ、範馬刃牙、刃牙道と、様々なシリーズが出ている超人気格闘漫画。

読者の方の中には、主人公のバキよりも、烈海王が好きだったり、渋川剛気が好きだったりする人も、少なくないのではないでしょうか。

実際に管理人がSSを探してみると、バキを主役とした小説よりも、他の人物に主軸を置いた作品がかなり多かったです。

評価に関しては、相変わらず管理人の独断と偏見で付けさせて頂いてますが、このページが、少しでもバキのSSを探している方の役に立てればと思いながら、ちょこちょこ更新を続けていきたいと思います。

目次

目次(その他のSS、二次創作小説)

「Lenovo Legion Go」を買っちゃいましたー!

Lenovo Legion Go 感想・レビュー

2024年01月16日、前から欲しい欲しいと思っていた携帯ゲーミングPCのLenovo Legion Goを買っちゃいましたよ。

お値段はなんと134,860円!!!

特にPCが壊れた訳でもなく、必ずしも無いと困るという訳でもなかったこの携帯ゲーミングPCという新しい玩具。

これをただ遊ぶだけにしておくのは、本当に勿体ない気がしたので、せっかくだから、その実機を触りつつ(遊びつつ)の感想とかを書いています。

ぶっちゃけ、Switchよりも画面の大きい携帯ゲーム機というのは、PCとはまた別の楽しさがありますね!

ゲームがお好きな方へ

レトロゲームや無料ゲーム、最新アプリをジャンル毎にご紹介!

ゲーム制作者さん達に書いて頂いたコラム「ゲームの作り方」「シナリオの書き方」なんかも面白いですよ。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。




※ゲーム
Steamで遊べる名作ゲーム
RPG / ロールプレイング
SLG / シミュレーション
同人ゲームで遊ぼう!
同人ゲームの作り方
東方Projectのゲーム・漫画・同人誌
ノベルゲーム(感動・名作)
ブラウザゲームが熱い!
買ってみて良かった任天堂Switch!

バキのSS・二次創作小説

オススメの名作

▼プロレスこそが最強の格闘技?

├評価:A or A+
└神様転生をして、超凄い肉体を得たオリ主の話。

とにかくデカい!

そして武術の才能もある!

一応の経歴としては、プロレスラーから始まって、中国で郭海皇の弟子になる。

刃牙や克己よりも年上で、マホメド・アライ Jr.を含めて修行の旅に連れていったり。

烈海王も出てきますよ。



バキのクロスオーバー小説

HUNTER×HUNTERとのクロス

▼ゾルディックの長男は範馬勇次郎

├評価:A
└短いけども、面白い。

才能が有り過ぎて、暗殺者程度には収まらない存在。



鬼滅の刃とのクロス

▼鬼狩り? 私は一向に構わん!!

├評価:A+
└烈海王が宮本武蔵に斬られた後、何故か鬼滅の刃の世界で蘇ります。五体が生前のもので完治している。この作品を見た後、コンビニで立読みしていたら月刊少年チャンピオンで烈海王が異世界で行く漫画が丁度やっていて、小さいながらも凄い偶然だなと思いビックリしました。



▼もしも宮本武蔵が鬼殺隊だったら

├評価:C
└短編SS。刃牙道に登場する宮本武蔵と鬼滅の刃のクロスです。



史上最強の弟子ケンイチとのクロス

▼公園最強の弟子 ウキタ

├評価:A
└本音を言いますが、自分は宇喜田には全く興味なかったので読んでいませんでした。でも、評価の高いSSをあらかた読んでしまったと思われるので、試しに読んでみたら結構いけるかも?内容は、刃牙+餓狼伝とのクロスで、宇喜田が本部以蔵の弟子になる。



▼グラップラーケンイチ

├評価:B+ or A
└原作ラストで、鍛冶摩との戦いに敗れたケンイチが、気付いたら徳川邸の前に倒れていた話。

ザックリ説明すると、戸籍も何もないケンイチに、徳川の爺さんが闘技者になる事を提案。

勝ち続ける事が出来れば、住む場所と食事、あと学校に通えるようにしてくれるとの事。

大体そんな感じで物語が進みます。



▼闇人 vs 受刑者

├評価:B+ or A
└タイトルを見て、ずっと読むのをスルーしていた作品の一つ。

しかし、ケンイチのSSはあまり多くないので、とりあえず読んで見たら、実は刃牙とのクロスでビックリでした。

※1話、2話
└ビスケット・オリバ vs クリストファー・エクレール

※3話、4話
└本部以蔵 vs 櫛灘美雲

※5話
└愚地独歩 vs 若い頃の逆鬼達

それにしても、櫛灘美雲と戦うだなんて、幾ら本部が公園内最強生物だと呼ばれているとは言っても、ちょっと無茶が過ぎるんじゃないですか?



僕のヒーローアカデミアとのクロス

▼個性『無効』のヒーローアカデミア

├評価:A or A+
└渋川剛気に憧れて合気を武術を始めたオリ主が、死後転生してヒロアカの世界にやってくる話。

その時にもらった特典は、個性「無効」(個性を無効にする)

ヒロアカの世界ではおじいちゃんと暮らしているので、おじいちゃん言葉がうつっている。

真面目に好きなんですが、更新が雄英に入学してからで止まっていて、今の段階だと自分は入学する前までが好きな感じかな。



ようこそ実力至上主義の教室へとのクロス

▼実力=握力=花山最強

├評価:A or A+
└花山薫がCクラスに入る話。

石崎は龍園にやられますが、原作とは違って花山の舎弟に。

花山にも臆さない、天然美少女の椎名ひよりちゃんがCクラスの癒しです。

水泳の授業とか、椎名さんとの絡みがメッチャ面白かった!



ワンパンマンとのクロス

▼地上最強のホモ(に追われる俺)

├評価:A or A+
└タイトルで避けていた作品なんですが、読んでみると面白い。

ホモ云々はオリ主の勘違い。

神様転生で流水岩砕拳を使えるようにしてもらったオリ主が、範馬勇次郎に「喰ってやるぜ!」と言われ、勘違いが促進する。

合気とも消力とも違う「流水岩砕拳」を使うオリ主を見て、地下闘技場のファイター達が色々考察していく。



漫画「刃牙」の登場人物達についての考察、管理人の感想

烈海王

▼烈海王とは?

├口癖:わたしは一向にかまわんッッ
└中国四千年の歴史の中でも、武の才能は最高峰と言われている強者。

巨大な黒曜石を、己の拳足のみで直径約2mのほぼ真球にしてしまった事などから、「魔拳 烈海王」とも呼ばれている。

烈海王 黒曜石の打岩(Google 検索)

黒曜石って、ラノベや漫画でも出てくるので何となく硬そうなイメージを持ってるんですが、とりあえず普通の岩よりは断然硬いのは確実な筈。

それを、こんなピカピカ光る球体にしてしまうのは、もの凄い事ですよ。

拳神 劉海王の打岩(Google 検索)

拳神と呼ばれている劉海王の打岩とは、ツヤが全く違いますね。

これを書くまでは本名を「烈 小龍(シャオロン)」と思っていたんですが、調べてみると小龍は修行僧時代の名で、本名は「烈 永周」と言うらしいです。





▼烈海王 異世界に行く!?

└これを見つけた時は、本当にビックリしました(笑)

「バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ」

ピッコマで無料で読めますから、興味があるけどもまだ読んだ事ない方は、是非一度のぞいて見て下さい。

漫画を描いておられる作者が違うみたいなので、絵の感じは少し違和感あるところもありますが、烈海王が中国拳法でヒドラやオーガと戦ったりするのは、普通に面白い。

自分も烈海王が初めて登場した時は、好きなキャラBEST3に確実に入るぐらい好きでしたが、やっぱり烈さんは人気なんですね。


当麻蹴速

▼当麻蹴速とは?

└2000年前の古代日本に実在した、野見宿禰のライバル。

初代は宿禰に敗れたそうですが、宿禰も蹴速も代々その名は受け継がれていて、当代の蹴速に関しては「『蹴速』を名乗って以来二十年座ったことがない」と言っていたので、なる程かなり足(脚)は鍛えられているのでしょう。

仕切り直しの理論で、負けていないと強調する蹴速に対しては、正直「コイツは何を言ってるんだ?」と思いましたが…。

ぶっちゃけ宿禰はオリバにも勝っていたし、見ていて強そうな感はあったので嫌いではなかったんですが、蹴速については、あんまり強そうな顔ではなかったですし、しかも独歩に瞬殺されて逆にビックリしました。

蹴りが早いと書いて蹴速ですが、独歩との戦いでは、そんなに特別早い印象は受けなかったが、そこら辺はどうなってるんでしょう?

いや、独歩は修行しまくりなので、蹴りも突きも早いというのは分かっているんですが、それでも蹴速と名乗っているので、少しは特別早い感じがあっても良さそうなものの、全くそんな感じは無かったですね。

蹴りの速さは絶対勇次郎に負けていたし、個人的には刃牙とどっちが早いんだ?というのが少し気になってます。

というか、オリバって世界的にもヤバイ人物3人の内の1人だったんじゃないんですか?

自分もオリバはかなり強いと思っていたし、そんなオリバに勝った宿禰はメチャクチャ強いんじゃないのか?と思っていたんですが、蹴速に関しては申し訳ないのですが、最初から顔が気に入らなかった。

本当は駄目なんでしょうが、漫画をまだ見ていない方は、YouTubeとかで独歩vs蹴速の動画が上がっていたりするので、そっちを見てもらえればと思います。

試合で負けた後、独歩を待ち伏せして「仕切り直し」とか言って再度挑みますが、今度は目を抉られてしまいましたね。

漫画なので復帰は可能なのでしょうが、個人的には「最大トーナメント」に範馬勇次郎の推薦で乱入してきた、天内悠を思い出しますね。


このページの先頭へ