同人誌、同人ゲームでお金を稼ぐ事は可能なのか?

目次

実際に同人誌、同人ゲームを作っている人達の話

①同人ゲーム作家の挑戦記録とノウハウメモ

BLACKGAMERさんが、自身の経験・実績からブログで解説。

過去の売上、DLsite・DMM・コミケ・ネットでどれくらい売れているのか、何が悪かったと思うのか、そしてやっぱり長編ノベルゲームよりも18禁作品の方が売れるのか、半額セールにしたらどれくらい効果があったかなど、詳しく書かれています。

僕も以前何度かコミケに行ってましたが、サークルスペースがいい感じに設営されていたり、対応が良かったりすると悪くない印象を抱いたりしますもんね。ああいう所は、その場の雰囲気でドンドン買っちゃったりしてしまう事もあるし、それらを考えると重要性が理解出来る。

当時は僕も勢いでいっぱい買っていましたが、コミケに慣れていなかった最初は何かよく分からないけども、手にとって見ていいのか、分からない事を聞いてもいいのかなど些細な事も不安に思ってました。

(基本ビビリなので)

やる前はなんかイマイチ気が乗らなかったりしてしまうもので、それでも実際にやってみて面白かったりすると夢中になってしまったり…。

ゲームや漫画、小説も、ユーザーに最初の一歩を触れてもらうのがメッチャ大事。

※記事の一部を紹介

1億円以上売り上げた伝説のインディゲーム「DEAD OR SCHOOL」

3人で作った同人ゲームが1億円に!?

「DEAD OR SCHOOL」は、ご自分の漫画「機械人形ナナミちゃん」をモチーフにした作品で、ゲーム会社ナナフシ代表取締役である木星在住先生が、3人で作られたそうです。

ゲームの内容は、地下暮らしをしている主人公の少女が、ゾンビに汚染された東京の地上を目指すハクスラアクションRPG。

ストーリーを聞いてもイマイチ凄さが実感出来ませんが、2018年にSteam版が最初に発売された時はDL版が1日で100万円、1週間で約1万本を売り上げたそうで、2019年にはPS4とNintendo Switchでもゲームソフト版がリリースされ、売上本数は合計8万本、1億円以上の売上になったそうです。

売上が1億円になった場合の消費税と法人税がヤバイ…

イラストでとても分かりやすく解説して下さっています。

それにしても税金で取られる分が大きい…。事前に知識とかあれば大きく違ってたんでしょうが、浮かれてる人だったら1億円の入金があった後に大きな買い物とかしていたら、税金が払えなくて困窮する可能性も十分あったわけです。

単にゲームを作る腕が優れているだけでは無い

調べてみると、木星在住先生の凄さが身にしみます。

本業を辞めてアルバイトで生活費と開発費を稼ぎ、3,000kgのコンクリートをひたすらこねて、たったひとりで資金を集めるために1年かけて「Bar365」という飲食店をオープンさせたとかなんとか…。

更にそこにクラウドファンディングなども行い、とにかく色んな手を使って開発費を集められたそうで、もう本当に凄い。

しかも、目指しているところはご自身の作品「ナナミちゃん」の映画化だそうで、こんな人がいるんだなぁ…と尊敬というか感動しました。

※木星在住先生に関する記事

個人ゲーム開発、アプリ制作は稼げるのか?

ぶっちゃけ、ゲームアプリは作ると儲かるのか?

正直に書きますが、僕はアプリ制作について全く分かりません。

「同人ゲーム」と「個人ゲーム開発」というのはジャンルが違うようにも思えますが、同人ゲームのアプリなんかもありますし、もうそこら辺は考えても仕方ない。

この枠を作ったのは、単純に僕が興味あったから。

一部の人は、ゲームのアプリを作って本当にウハウハになった人もおられるみたいですし、今でこそそんな簡単なものじゃないというのは理解しているものの、昔は僕もアプリを作っている人は皆かなり稼いでるんじゃないかって思ってましたから。

この記事を見に来てくれている人って「ゲームのアプリを作ったら儲かるんじゃないか?」とか、実際にアプリ開発者さんの話にも興味あると思うんですよね。

成功例と失敗例をどっちもまとめていくので、参考にしてみて下さい。

アプリで独立「夢だけ」で挑戦したら年収15万円

この記事を見させて頂いた時は驚きました。

開発者のふりふらさんは、楽しくて個性的なブログを書いておられてて、熊とOLと少女さん達を中心にゲームやLINEスタンプの話などの話をしながら、当時は本当に楽しませて頂いてました。

ふりふらさんは、ゲームも出すし、グッズも作るし、正直ゲームの方は儲かっているのかな?どうなのかな?と思ってたんですが、やっぱりとても苦労をされてたみたいです…。

「今、仕事何してるの?」
「ゲームアプリを開発する仕事してる」
何も知らずにこう聞いたら、とても夢がありそうなんだけどもなぁ。

奥さんが独立に反対するのも分かります(笑)

個人ゲーム開発者になる前の話も勉強になりました。

ゲームを作って札束広告トルネードする話は面白い。

「森でクマさんテラヤバス」は女の子の逃げる姿が可愛かった。確認してみると、前使ってたiPadにまだ入ってました。

※ふりふらさんに関する記事

以下は、昔僕が別ページで書いた記事になります。

森クマさんとAppleとの戦い…。

森クマさんのブログは、読んでいるととても和みます。
絵も記事もとてもセンスがあると思うのです。
もっと人気出たらいいのにな?と思う今日このごろです。

さて、ここでご紹介させて頂くのは、森クマさんがGoogle Playに続いて、App Storeにもゲームを配信したいと思った時に起こった事件の話。

とても参考になって、面白かったですw

正直、クマさんの言い分はただの言い訳にしか聞こえませんでしたが、少女が可愛かったので許してあげます。

詳しくは森クマさんのブログ記事 リジェクト嵐リジェクト嵐 その2 をご覧下さい。

②LINEスタンプを売ればいいんじゃない?

森の仲間達が、アプリの収益だけでは食べていけないという現実に大変困る。

クマさんが怒る。
それに対して皆も怒る。

どうしよう、どうしよう、と悩んでいる時に
森の妖精ちゃんがつぶやく。

「LINEスタンプを売ればいいんじゃない?」


③LINEスタンプで稼ぐのは、やっぱり難しいみたいです…

問題なく審査を通過し、森でクマさんテラヤバスStamp が公開されたことで喜ぶ森の仲間達。

しかも、なんとアプリの前月売上を2日で越えてしまったというから凄いです(´∀`)

森クマさん「先月のアプリ売上合計を2日で突破してしまったクマー!!」

もしかすると、これは上手くいくのではないか・・・

森クマLINEスタンプを作ろうクマ!その5「公開、そして一週間後・・・」

同人誌、同人ゲームの市場規模

オタク市場でお金が使われているジャンル

オタク市場で最もお金が使われているのは、やっぱりアニメみたいです。

アニメについては分かります。TVでやってるし、これについては詳しく書かなくてもいいでしょう。最近だと、鬼滅の刃とかコラボしまくりで超大ブームですし。
(2019年度の市場規模は3000億円)

その次がアイドル。

僕はアイドルに全然興味ないのであれなんですが、それでもまぁ世間一般でアイドルにお金を使う人が大勢いるというのは分かります。

TVで人気のアイドルグループなんか、グッズやライブとか色々ありそうですもんね。個人的にはジャニーズファンなんかをオタクを呼ぶのかについては少し疑問に思えますが…。
(2019年度の市場規模は2610億円)

そして、オタク市場の中で3番目に沢山お金が使われているのが同人誌です。

ドージンワークとか見ていると、同人誌を作って稼ぐのはとても大変そうですが、それでも人気のあるところはメチャクチャ売れている。コミケで壁サークルさんの前なんか凄い行列ですし。
(2019年度の市場規模は855億円)

あと、同人ゲームの市場についてなんですが、これについては調べてみたんですが分かりませんでした。

すいません。

ただ同人ゲームと似ているものの中にはインディーゲームというジャンルもあり、それとは別に同人ボードゲームというジャンルもあるんですよね。

特にそれらしいデータが書いてある記事も見つから無かったので、こちらに関してはお許しを。

オタク市場(2019年度)

  • アニメ(3000億円)
  • アイドル(2610億円)
  • 同人誌(855億円)
  • プラモデル(292億円)
  • フィギュア(312億円)
  • ドール(116億円)
  • 鉄道模型(105億円)
  • プロレス(143億円)
  • コスプレ衣装(350億円)
  • メイド、コスプレ関連サービス(119億円)
  • ボーカロイド(107億円)
  • トイガン(85億円)
  • サバイバルゲーム(105億円)

※オタク市場に関する記事

全年齢と18禁作品の売れ行きの違い

①初心者でも稼げるネットビジネスとは?!

このページに↑のタイトルは少し違和感があるかもしれませんが、とても分かりやすく書いてありました。

同人誌については、漫画のドージンワークを思い浮かべると想像しやすいかもしれませんね。

なじみ、かねるさんがいかに大変だったのか、ソーラが小学生でいかに凄かったのか、そして露理がなじみに即売会での売り子を頼んだ時の利益など…。

頭の中で妄想をしている分には結構楽しいです(笑)

※参考になった記事

Yahoo!知恵袋で参考になったQ&A

同人ゲームとインディーゲームの違い、インタビュー

同人ゲームとインディーゲームの違いは何か?

これについては、Google先生に聞いてみたら答えが帰ってきました。

ニュアンスは同人ゲームとほぼ同等と考えても良いが、同人ゲームが一般的に非商業ゲームを指す場合が多いのに対して、インディーゲームと呼ばれるものは一般市場に流通する商業向けタイトルや家庭用ゲーム機向けのタイトルも含まれている。しかしながら、自作ゲームという意味ではどちらも同じなので、呼び方は作者やコミュニティによってまちまちとも思われる。

同人ゲームとは、個人や同人サークルによって制作されたゲームの総称である。ほぼ同等のニュアンスを持つ自作ゲーム、インディーゲーム(後述)と呼ばれることもある。

詳しくは、野良黒さんという方のブログに【ゲーム】インディーゲームと同人ゲームとは何が違うのだろう?、など| 他の記事がありましたので、そちらをご紹介させて頂きます。

感覚的には、インディーゲームの方がより沢山のお金を集めたり、より大きな市場を狙っている感じですかね。

【インタビュー】フリーゲーム、同人ゲーム制作者様



【インタビュー】インディーゲーム制作者様

中学、高校のゲーム部、eスポーツ部について

ゲーム部、eスポーツ部のある高校

高校で漫画でやってるゲームやったり作ったりする部があるかを調べてみたら、自分が知らないだけで結構ありました。

大会もオンラインでやってたりして、視聴者数もかなりあるみたいです。

自分が高校の頃は、こういう部活はまだあまり無かったと思うので、正直かなり羨ましい。

eスポーツの専門学校まであるとか…。

しかも学費は結構高い。

高校生達の中で日本一を争う、高校対抗eスポーツ大会 「STAGE:0(ステージゼロ)」 というものもあるみたいで、第1回大会は、全国の高校1475校から全1780チーム・4716名が大会に参加し、配信視聴者数は約136万人にもなるなど、結構大々的にやってるみたいです。

中学、高校のゲーム部、eスポーツ部に関する記事

遊星高校 ゲーム部!

ゲームの公式サイトっぽく見えますが、調べてみると遊星高等学校の部活動のページだったので、多分遊星高校のゲーム部のHPって事であってると思います。

ゲーム作りに関する詳しい事は書いていませんでしたが、ゲーム部のコミック部室の紹介ページにあった4コマ漫画、Twitterで公開されている部活日誌を読ませてもらってて、何となく紹介させてもらいたくなりました。


同人誌を作る漫画

ドージンワーク

ヒロユキ先生の4コマ漫画。

同人活動について全く知らない女子高生の主人公「長菜なじみ」が、友人に同人誌の売り子のバイトをやらないかと言われ、そこから同人の世界に足を踏み入れる。

そして、友人と幼馴染が同人誌で実際に稼いでいるという話を聞いて自分でも始めてみる。

絵が下手で最初は漫画を描いても全然売れませんが、将来を考えてお金を稼ぎたいのと、やってみると面白くなってきた事から同人活動にハマっていきます。

アニメは爆死したとかネットで言われていますが、漫画は素直に面白いと思う。

作者ヒロユキ先生の作品が僕はメチャクチャ好きなので、ネットで無料で試し読み出来るところを紹介させて頂きます。

純粋な主人公には、どこか惹かれるものがありますよね。

同人ゲームを作る漫画

ステラのまほう

高校入学後、どの部に入ろうか友達と悩んでいた主人公のたまちゃんが、先輩達が作ったパズルゲームをキッカケに同人ゲームを作る部活に入る話。

自分達で納得のいくゲームを作るのがどれだけ難しい事なのか、色々描かれています。

単純に、学校の部活なのに先生なしに学生達で作り上げるというのがもう凄い。

絵を描くのも大変だし、シナリオを書くのも大変、音楽を作るのも難しそうだし、プログラミングも大変そう…本当に高校生か?

漫画「ゲーマーズ」を見てFPSや格闘ゲームを本気でやるゲーム部的なものがあるというのは聞いてましたが、今って本当に高校でゲームを作ったりプレイしたりする部ってあるんですかね?


成人向けゲームを作る漫画

ぎゃるかん

エロゲの太陽

エリート街道を突っ走る凄腕の商社マンがはめられて失脚するも、アダルトゲーム会社の女社長に拾われる。

まさに典型的なブラック会社ですが、働く人間は悪い人達じゃない。

興味があって漫画でこっち系の業界について知りたい人は、試し読みで軽く読んでみてはどうでしょう。

まんが王国だと結構見れますし。

2巻では、ブラックゲーム業界の求人の怖いところとか出てきます。

ちなみに僕は古本市場が近くにあるので、そこでちょっとだけ立ち読みさせてもらいました(笑)

それと、これは多分きっとそうなんだと思うんですが、気になって気になって仕方なくて…。ぎゃるかんもエロゲの太陽も、働いてる人が女の子ばかりなのは、やっぱり漫画だからですよね?


このページの先頭へ