デスポンさんのコラム 05

デスポンさんのコラム

作者様:ホームページブログTwitter
作品:BloodyAliceBloodyAliceCHANGE THE ORDER
おとぎの国のねことうさぎ(インタビュー付き)
デスポンさんのコラム:01020304050607




お久しぶりです。
皆さん覚えてるでしょうか?デスポンです。
PCが壊れたりとかなんやかんやで長らくぶりとなってしまいました。

さて今回はバトルシーンにおける演出についてのお話をしようと思います。




●バトルシーンの演出

ゲームでは主人公が必殺技を放つとカッコいい演出が再生されますよね。
市販のゲームなどではボイスやカットインなどを駆使した奥義演出など
かなり凝ったものになっているものも多いです。
おそらくこの手の演出の走りとなっているのはPS以降のFFシリーズの召喚獣演出とか思い浮かべます。





この動画はFF8に登場するエデンという召喚獣です。
1分30秒という脅威的な演出の長さですね。
ちなみに次回作のFF9に登場するアークという召喚獣はこれよりも更に演出が長いです。

さてまあこんなのを筆頭に奥義の演出がどんどん派手になっていく昨今ですが、
ここでこの動画を見てみましょう。





これは去年発売された閃の軌跡Ⅱという作品のキャラクターの奥義演出動画です。
上述したエデンと比べれば1演出辺りは10秒?30秒と短い物ですが、
ここで注目して欲しいのが画面右下にある「スキップ」というボタンです。

エデンにはこんなボタンはありませんでしたが、
いつの間にか演出はスキップができるようになっているのですね。
むしろ必殺技演出に限らずもっと細かいところすら短縮できるのが当たり前になっています。
例えば最近買った「ファイアーエンブレムif」ではオプションから戦闘アニメのオンオフの切替が可能です。
(ファイアーエンブレムを聖魔以来のプレイなのでもっと前からこういう機能はあったかは分からないです。)
こんな風に短い演出ですらどんどんと短縮化されてます。

不思議なものですね。
演出がどんどんカッコよくなっていき、色々なことが出来るようになっていく一方で、
それをスキップする機能というのが当たり前に搭載されています。




●ならばいっそのこと

戦闘は演出などなしでいいんじゃないかとすら思えてしまいます。
ただ文字列だけが表示されて出来事をプレーヤーに伝える。それだけがあれば戦闘としては成立してしまいます。
ですがみなさんはそんなゲームで満足できるでしょうか?
恐らくそれは違っていて、演出というのは派手なものを用意してもゲーム中の大半でスキップをされてしまうのですが、それでもそのスキップしない少しの間を潤わせるものとして重要なのではないでしょうか。
例えば新しいゲームをプレイしているチュートリアルで「さあ、奥義を使うんだ!」とナビキャラに言われて使ってみたが、普通の攻撃と全く変わらない淡白な演出で奥義と言われても萎えてしまうでしょう。
ぶっちゃけフリーゲームとかであれば「演出しょぼ・・・」→「F12で」的な感じでやめられてしまう可能性すらあります。
いずれはプレーヤーにスキップされてしまったとしても、綺麗な演出やカッコいい演出というのはプレーヤーをゲームの世界に引き込むためには必要なものなのでしょう。




●まとめ

ということで今回の内容をまとめると、
演出はスキップされてしまうことが多いかもしれないが、
プレーヤーをゲームに引き込むためには必要なものであるという事でした。

以上、バトル演出のお話でした。

(つづく)




●感想をTwitterでつぶやいてみよう!

このコラムをご覧になられた方は
是非一度Twitterで感想をつぶやいてみて下さい♪

また、内容について気になるところがありましたら、「デスポン」さん
直接聞いてみたりしてみるのも面白いかもですしね(*゚∀゚)=3
(制作者さんとの距離が近いのも同人の良いところw)


このエントリーをはてなブックマークに追加




※オマケ






↑BloodyAliceCHANGE THE ORDER




↑おとぎの国のねことうさぎ

最近更新したコンテンツ

2016年01月29日
ニュース
アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」がゲーム化
BD&DVD1巻の特典として収録
2016年01月28日
新着ゲーム
「消灯時刻」
終末世界で起きる、残された人達の物語
2016年01月27日
ニュース
Web漫画「おじさんとマシュマロ」が面白い
おじさんとOLの、微妙に噛み合わない恋愛風景
2016年01月26日
ニュース
漫画「ステラのまほう」がアニメ化決定!
女子高生達が同人ゲームを作る4コマ漫画
2016年01月24日
新着ゲーム
「レミリアケツKicker」
レミリアさんのお尻を蹴るゲームが出たよ
2016年01月21日
新着ゲーム
「凍れる心がとける時」
短編ADV。ファンタジーな世界での恋する学生のお話
2016年01月18日
新着ゲーム
「ゆぼひくっ!」
勇者を作って冒険する?超簡単な暇つぶしゲーム
2016年01月17日
新着ゲーム
「ワーズ・アンド・マジック」
スマホやタブレットで遊べるタイピングRPG
2016年01月15日
新着ゲーム
「東方紅輝心」
レミリアと咲夜の3DアクションRPG
2016年01月14日
新着ゲーム
「TS:NONUPLE NINE ノナプルナイン」
ちょっと(?)エッチな探索型ADVゲーム
2016年01月12日
新着ゲーム
「森でクマさんテラヤバス」
可愛い少女・OLと紳士なクマさんの追いかけっこゲーム
2016年01月12日
コラム
「リド・カイン」さんの連載コラム 第5回
「ゲーム制作一人で出来るもん!データベース作成編」
2016年01月11日
新着ゲーム
「KATHARSIS?禁断病理の子供達?序章」
フルボイス!?「医能伝奇」バトルADV
2016年01月09日
新着ゲーム
「リセマラ勇者」
ガチャを回して勇者を集めてよう
2016年01月06日
新着ゲーム
「ハンスとグライフ」
【18禁】女性向けのダークファンタジーゲーム
2016年01月05日
コラム
「道玄斎」さんの連載コラム 第42回
「非グリム的童話の世界へ」
2016年01月03日
コラム
「眠田 直」さんの連載コラム 第4回
「ゲッペルスちゃん3」制作報告コラム・その4

個人、同人の創作ブログ更新情報


ゲーム制作者様 - 丹下さんの連載コラム

ダミー画像

超お勧めのサークルさん!何でフリーゲームなのか分からないくらいクオリティの高い、フルボイスのADV作品を制作されておられます(*゚∀゚)=3 サークル結成時から、作品完成までのお話を書いて頂きました。

ゲーム制作者様 - カンナさんの連載コラム

ダミー画像

趣味でノベルゲームの制作をされておられる「革命前夜」の漫画描きさんヾ(*´∀`*)ノ ゲーム制作のきっかけから、色々と試行錯誤されていたお話を書いて頂きました。

レビュアー様 - 道玄斎さんの連載コラム

道玄斎さんのコラム

「久住女中本舗」というブログでフリーノベルのレビューを昔からされておられ、ゲーム素材のポータル運営など、幅広く活動されておられる凄い方。

ゲーム制作者様 - 電動伝奇堂さんの連載コラム

電動伝奇堂さんのコラム

フルボイスでめっちゃ動く、オリジナル中華風現代伝奇ノベルゲーム「キョンシー×タオシー」の制作者さん。序盤の迷走から、何故キョンシーなのか?など、様々なお話を頂いております。

ゲーム制作者様 - 夢幻台さんの連載コラム

夢幻台さんのコラム

ツクールを使ってのゲーム制作者、通称「ツクラー」の端くれです。ツクール歴は20年を迎え、個人制作作品は今現在12作品公開させていただいております。複数の方との共同制作、いわゆるコラボ作品「格ツクコンチェルト プロジェクト2D」や「ツクール×スクール」なども制作させて頂きました。

ゲーム制作者様 - ふしぎの国ねこ横町さん番地さんの連載コラム

ふしぎの国ねこ横町さん番地さんのコラム

ジャンルに囚われない作品制作を目指す、男女二人から成る創作サークルです。アドベンチャーゲーム・サウンドノベルゲーム・ドラマCD・シチュエーションCDと徐々に作品の幅を広げています。結成からまだ2年と短くはありますが様々な物事にチャレンジしていきたいと思っています。

ゲーム制作者様 - granat 館山緑さんの連載コラム

granat 館山緑さんのコラム

ゲームシナリオライター、小説家です。アホほど分岐の多い、陰気なテキスト系ゲームを制作しています。陰気、分岐、青春を目指しています。

ゲーム制作者様 - デスポンさんの連載コラム

デスポンさんのコラム

小1でRPGツクール95を触り始めツクール暦17年目。大学時代に学校をサボりまくって作った長編BloodyAliceが「第8回ふりーむコンテスト」で二冠達成。現在は社会人の傍ら活動しているため、忙しさに応じて製作速度がブレる。ここ最近は落ち着いているため新作に意気揚々と着手している。

サブコンテンツ

このページの先頭へ