道玄斎さんのコラム 42:道玄斎のノベルゲーム漫遊記



サークル:久住女中本舗Novelers' MaterialNovelers cafeTwitter
道玄斎さんのコラム:0102030405060708
0910111213141516171819202122
2324252627282930313233343536
37383940414243444546474849




●第四十二回「非グリム的童話の世界へ」

 お正月はゆっくりしたいから、毎年、私は大晦日が近くなると本屋さんにいって、お正月に読む本を買ってくるんだ。

 毎年、3?5冊くらいは買うんだけど、今年は2冊しか買わなかったんだ。まぁ、あまり興味をそそるものがなかったんだよね。
 けど、今回買ったなかに『ハンガリー民話集』というのがあって、これが非常に面白かったんだ。

 今日はその『ハンガリー民話集』を軸にしながら、童話・民話みたいなものを考えていこうかな。




■定番はやっぱり……

 ノベルゲームの世界では「童話・民話」を取り入れるっていうのは、比較的広くやられている制作技法なんだ。

 『赤ずきん』なんかはその代表格だよ。
 今、試しにふりーむの検索で“赤ずきん”と入れてみたんだけど、16件もヒットするんだ。ノベルゲームに限るともうちょい数は少なくなるんだけど、けっこう出てくるもんでしょ?

 ほかにも『シンデレラ』、『白雪姫』といったお姫様たちも、童話ベースのノベルゲームでは常連なんだ。

 童話……でもある、といったものだと、なんといっても『不思議の国のアリス』は物凄い人気で、あっちこっちへ引っ張りだこなんだよね。
 『アリス』は民話的な色彩は薄いんだけど(1865年刊だからね)、イギリス文学の「ナンセンス」の伝統を受け継いだ、文学的にも価値のあるものなんだ。

 まぁ、いってしまえば、童話ベースのノベルゲームのほとんどが『アリス』か前述のグリム童話を下敷きにしてるんだよ。

 おっと、これは前に書いたよね。
 けど、世の中にはまだまだマイナーな童話や民話があって、その一つが『ハンガリー民話集』なんだって話だよ。




■そうはいっても

 というわけで、『ハンガリー民話集』を読み始めたのはいいんだけど、2話目の「靴をはきつぶす王女たち」で、「ん?」となったんだ。

 グリム童話を読んだことがある人なら、きっとピンとくるだろうね。
 そう、これはグリム童話の「踊り破いた靴」と、全く同種の話だったんだ。

 しかも、こうしたグリム童話と共通した(あるいはモチーフが共通する)お話しは、『ハンガリー民話集』にかなり収録されているんだよ。

 ちょっとリストにしてみよう。


    <ハンガリー民話集>        <グリム童話>

    「靴をはきつぶす王女たち」     「踊り破いた靴」

    「地獄のかま焚き」         「悪魔の煤け兄弟」

    「花髪の男」            「鉄のハンス」

    「明けの明星」           「忠義なヨハネス」

    「二人の金髪の若者」        「手なし娘」(冒頭のモチーフが類似)

    「美男ヤーノシュ」         ※これは『千夜一夜物語』冒頭に酷似

    「靴屋」              「物知り博士」


 こんな感じの対応関係があるんだ(細かくみていけば、もっとありそうだけどね)。
 どの話も相当似てるんだけど、「美男ヤーノシュ」に関しては『千夜一夜物語』の冒頭と同種なわけで、これはグリム童話とは違うんだけど、本当にそっくりな話なんだよ。

 どうやらこれはハンガリーの地理的な要件と関係があるみたいだね。
 というのは、東にはイスラム世界が広がり、西ではヨーロッパ世界とつながっているから、東西両方の話が混ざっているようなんだ。

 実際のところ、どっちがどっちの影響を受けたのか、っていうのは簡単にはわからないし、あまりそれを調べることに意味はないんだけど(だって、グリム童話とモチーフが共通する話は日本の民話にもあったりするんだぜ!)、なかなか面白いでしょ。

 そういえば、「地獄のかま焚き」の後半部分はグリム童話のそれとちょっと違って、もうすこし卑俗で笑話的な内容になっているんだ。
 これは、やはりその部分が、ハンガリーのもともとの民話だった、という気がするんだけどもね。




■非グリム童話を活かす

 というわけで、ざっと『ハンガリー民話集』をみてみたんだけど、グリム童話との対応関係があるものでも、細かい部分ではそれなりに違いがあるんだ。

 その違いはいわゆる「ヴァリアント」のレベルなんだけど、だからこそ童話風ノベルゲームの1つのネタになりそうな気はするね。

 グリム童話を直球でネタにするんじゃなくて、そのヴァリアントである別の童話からネタを引っ張ってくる、ってことなんだけど、ハンガリーのものなんかを持ってくると、やっぱり、ちょっとエキゾチックな香りが出てくるような気もするし、そうやって童話・民話を収集していくなかで、全然別のネタを思いつく、なんてこともありそうだよ。


 なにをいいたいのか、というと「グリム童話や『アリス』だけが童話や民話じゃない」ってことなんだよ。

 そういえば、商業作品のなかには「日本を舞台とした」「創作民話」みたいのを取り込んだ作品もあるよ。

 ちょっとグロ系が入っているような、「江戸時代から続く村で……」みたいなヤツでは、その土地に伝わる「民話」が作品のキーになっていることが多いし、『AIR』の第二部とか、明らかにその影響下にある『SNOW』も創作民話的な色彩が強いんだ。


 そうそう、意外とバカに出来ないのが「その土地にまつわる民話」なんだよ。
 これは、図書館の郷土史コーナーにいくと、資料がたくさんあるんだけど、かなり面白いよ。

 なにしろ自分が住んでいる町に関する不思議な話なんかも手に入るし、意外なほど超自然的な話も多いんだよね。

 カッパだ天狗だ、法力をもったお坊さんだ、って話がゴロゴロしているし、そのバトルの舞台が自分の家の裏山だった、とか、そういうことも結構ある。もちろん、悲恋のお話しなんかも定番だよ。

 そういうところに取材すれば、まだまだ色んなネタは発掘出来そうだね。




■集合的無意識?

 「グリムだけが童話・民話じゃないぜ」っていっても、厳然たる事実としてグリム童話は人気なんだよ。

 当たり前なんだけど、それは「みんなが知ってる」からなんだよね。
 知っているからこそ、おおよその話の流れはプレイする前からわかってるし、作者が手をいれた部分に関しては、その差異を楽しむことが出来る。

 そういうことを考えると、グリムや『アリス』の優位性っていうのは確かにあるよね。
 そして、さっき挙げたような「ローカルな民話」はちょいとそこは弱いんだ。


 けど、童話にせよ民話にせよ(というか、この2つの区別をクッキリつけることは相当難しい! 神話もそうだよね)、共通するパターンがあるんだ、って考えもあるんだ。

 このコラムでも何度か話した「話型」ってのがそれだよ(ハンガリー民話にも「隣の爺型」の話があった!)。
 あるいは、もっと話を大げさにすれば「集合的無意識」ってのが、人間のなかにはあって、人類全体で共有しているイメージのようなものがある、って考えにいきつくらしいんだ。

 これは神話なんかに特に多いよね。
 俗に「バナナ型神話」と呼ばれるものは、日本の神話の石長姫と木花開耶姫の話とほぼ同じだし、 イザナミノミコトの黄泉戸契(よもつへぐい、って読むよ)の話は、ギリシャ神話にも同様のモチーフがあるんだ。

 世界各国の神話はつながってる、ってことなんだけど、もしかしたら、各地に残る民話にも、そういう共通イメージっていうのがあるのかもしれないなぁ。

 そうすると、ローカルな民話を借用してお話しを作っても、それはそれで、色んな人の心の奥底に訴えるものがあるのかもしれないね。




■私の好きなアレ

「じゃあ、道玄斎さんが好きな民話とかってなにがあります?」

「え? 俺かい? そうだなぁ……。民話かどうか定かじゃないんだけど……あることはあるよ」

「ん? あっ、そっか、民話と神話と童話は区別が難しいっていってましたよね」

「まあね。他にも『説話』なんてのもあって、本当にこいつらの区別は難しいんだよ」

「で、どんな話なんです?」

「たぶん『御伽草子』に載ってた話だと記憶してるんだけど、お侍さんがいるんだよ」

「ふむふむ」

「で、そのお侍さんは『お刺身』が大好物なんだ。で、魚をとってきては刺身にして食ってるんだよね」

「のっけから変な話ですね……最後はどうなるんです?」

「うん、魚を刺身にしすぎたから、魚たちが怒っちゃってね、連合軍を結成してそのお侍さんを殺して復讐を果たす、って話なんだよ」

「ヘンテコな話だなぁ。けど……」

「けど、なんだい?」

「そんな話聞いちゃったら、お正月なのにお刺身食べれなくなっちゃうじゃないですか!」



●コラムや記事の執筆依頼などは、ツイッター あてに
 お気軽にメッセージをお送りください。

(つづく)




●感想をTwitterでつぶやいてみよう!

このコラムをご覧になられた方は
是非一度Twitterで感想をつぶやいてみて下さい♪


このエントリーをはてなブックマークに追加

最近更新したコンテンツ

2016年01月29日
ニュース
アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」がゲーム化
BD&DVD1巻の特典として収録
2016年01月28日
新着ゲーム
「消灯時刻」
終末世界で起きる、残された人達の物語
2016年01月27日
ニュース
Web漫画「おじさんとマシュマロ」が面白い
おじさんとOLの、微妙に噛み合わない恋愛風景
2016年01月26日
ニュース
漫画「ステラのまほう」がアニメ化決定!
女子高生達が同人ゲームを作る4コマ漫画
2016年01月24日
新着ゲーム
「レミリアケツKicker」
レミリアさんのお尻を蹴るゲームが出たよ
2016年01月21日
新着ゲーム
「凍れる心がとける時」
短編ADV。ファンタジーな世界での恋する学生のお話
2016年01月18日
新着ゲーム
「ゆぼひくっ!」
勇者を作って冒険する?超簡単な暇つぶしゲーム
2016年01月17日
新着ゲーム
「ワーズ・アンド・マジック」
スマホやタブレットで遊べるタイピングRPG
2016年01月15日
新着ゲーム
「東方紅輝心」
レミリアと咲夜の3DアクションRPG
2016年01月14日
新着ゲーム
「TS:NONUPLE NINE ノナプルナイン」
ちょっと(?)エッチな探索型ADVゲーム
2016年01月12日
新着ゲーム
「森でクマさんテラヤバス」
可愛い少女・OLと紳士なクマさんの追いかけっこゲーム
2016年01月12日
コラム
「リド・カイン」さんの連載コラム 第5回
「ゲーム制作一人で出来るもん!データベース作成編」
2016年01月11日
新着ゲーム
「KATHARSIS?禁断病理の子供達?序章」
フルボイス!?「医能伝奇」バトルADV
2016年01月09日
新着ゲーム
「リセマラ勇者」
ガチャを回して勇者を集めてよう
2016年01月06日
新着ゲーム
「ハンスとグライフ」
【18禁】女性向けのダークファンタジーゲーム
2016年01月05日
コラム
「道玄斎」さんの連載コラム 第42回
「非グリム的童話の世界へ」
2016年01月03日
コラム
「眠田 直」さんの連載コラム 第4回
「ゲッペルスちゃん3」制作報告コラム・その4

個人、同人の創作ブログ更新情報


サブコンテンツ

ゲーム制作者様達のシナリオの書き方

  • ayatam

    RPGツクールでゲーム制作をされておられる、フリゲ業界のどじっこ!文体がとても女子な ayatam さんにコラムを書いて頂きました(*゚∀゚)=3

    ・ゲームを作るきっかけ
    ・シナリォの書き方・考ぇ方
    ・スプリングナイトと姫での例
    ・これまでに作ってきて、気をつける様になった事

  • 戯匠Works 無銘774

    男性向けなような、女性向けなような、誰が得するのか良く分からないゲームを懇々と作っております。

  • RED HOSTILITY 蔵野杖人

    R-18GマルチバッドエンドサスペンスADVとか短編サスペンスノベルとか、とにかく人が死んだり、死ぬよりひどい目にあったりするゲームを作っています。

  • Ray [rei] さよのすけ

    同人制作サークル「Ray」のさよのすけと申します。主にアドベンチャーゲームの企画・シナリオを担当しています。

  • Lemon slice 神鏡学斗

    もっぱらRPGツクールシリーズでシミュレーションRPGを制作しています。子供のころからゲーム制作をしていて、制作歴は10年ちょっとくらいでしょうか。ただ、プロのシナリオライターというわけでもなく、ゲーム関係の仕事をしているわけでもありません。なので、ゲーム制作は完全なる趣味です(笑

  • FooL Key

    FooLというブランド名で主にRPGツクールでRPGを製作、公開しています。ゲームを製作する上で何か学んだわけでもなく、完成させた作品に満足をした事もありません。初心者の方向けの文章ですが、読み物の一つとして見て頂ければ幸いです。

  • Electric Prophet 岡崎

    岡崎さんは漫画家兼イラストレーターさんです。趣味で漫画を描いたりゲームの作ったりされておられます。

  • NEWシバプラス 森

    趣味で、二次創作のフリーゲームを中心に製作しています。今年からは、オリジナルのスマホゲーム製作も考案中。

  • mystic night 公主

    女性向け、一般向けのノベルゲームを一人で制作しています。ファンタジー大好きな厨二病を患っているフリーゲーム制作者。自分の好きなものを色々詰め込んだ趣味に走った作品が多いです。常にゲーム制作をしていないと、落ち着きません。病気レベルです。

  • 日本戦争ゲーム開発

    主に軍事系のRPGやSLGそしてバカゲーを作っている、日本戦争ゲーム開発の武藤FPです。シナリオライターというわけではありませんが、絵と音楽以外は自分で作るのでシナリオも書きます。自分なりのシナリオを書く手順について書かせて頂きます。

  • 礼門Z

    最初に作って公開したノベルゲームが2003年。RPG、アクションゲーム、シューティングゲーム、いろいろ作りました。これからも作ります。フリゲはフリーダム・ゲームの略です。

  • 神崎 克樹

    基本的には女性向けのADVを製作しています。
    作品は無料と有料、真面目・不真面目、健全・エロ混在してますが、その日の気分でマイペースに活動中。

  • ゆるいゲーム開発部

    超お勧めのサークルさん!
    何でフリーゲームなのか分からないくらいクオリティの高い、フルボイスのADV作品を制作されておられます(*゚∀゚)=3

このページの先頭へ