道玄斎さんのコラム 31:道玄斎のノベルゲーム漫遊記



サークル:久住女中本舗Novelers' MaterialNovelers cafeTwitter
道玄斎さんのコラム:0102030405060708
0910111213141516171819202122
2324252627282930313233343536
37383940414243444546474849




●第三十一回「ノベルゲームの選択肢を考える」

 最近、人から「やってみて!」とおすすめされてしまったので、いわゆるソーシャルゲームをちょこちょこっとやっているんだ。

 一回一回のミッションが短く、それぞれ完結しているものだから、空いた時間で気軽に遊べるのがいいね。もっとも、私は無課金のライトユーザーだから、そんなにゲームに入れ込んでいる、ってわけじゃないんだけどもね。

 私がやっているソーシャルゲームは、恋愛シミュレーションに近いもので、一本道のメインストーリーを進めながら、いろいろな女の子と仲良くなっていくことが出来る。
 まぁ、そういうサブヒロインを全員落とすためには、かなりの根気か課金が必要になっちゃうんだ。

 それはさておき、恋愛シミュレーションといっても、ノベルゲームに近い……というかそのもののパートがあって、選択肢を選ぶことで、サブヒロインのルートに入っていけるんだけど……その選択肢で、ちょっと私は疑問を感じてしまったんだよ。




■選択肢をめぐる問題

「疑問ですか? 何があったんです?」


 と、のんきに声をかけてきたのはS君。
 彼もまた、ノベルゲームの制作者なんだけど、彼の作品は基本一本道で選択肢による分岐がないんだ。「俺はこのストーリーを描きたいし、見せたい!」というようなタイプだね。


「実はね、三択の選択肢があるんだけど、それが異常なほどむずかしいんだよ」

「えー! 道玄斎さんも情けないなぁ。何年ノベルゲームをやってるんですか!」

「そりゃ、大抵のノベルゲームなら選択肢はある程度うまく選べるよ。けど、これはそういうタイプとはまたちょっと違うんだよ」

「? というと……?」

「簡単に言うと、正解の手がかりが全くないんだ」


 わかるかな?
 例えば、女の子と初めて出会って、何かちょっとした事件がおこる。
 主人公(≒プレイヤー)は、その女の子のことを全く知らない。何しろ、今はじめて会ったばかりだからね。

 そこで選択肢が出てきちゃうんだよ。
 そうだなぁ、その女の子がちょっと元気がない様子だった、としようか。
 そこで出てくる選択肢は、


 ・優しく声をかける

 ・優しく見守る

 ・優しく頭をなでる


 と、まぁ、こんな感じなんだよね。
 初対面で、どんな性格の子なのかわからないのに、この選択肢の中から正解を選べるかい?


「うーん! 確かにこれはむずかしい!」

「だろ? こういう時の常套手段として、“女の子のビジュアルをヒントにする”というものもあるんだけど、それも必ずしもうまくいくわけじゃないんだ」

「女の子のビジュアルですか? おとなしい感じの子だったら、こっちも静かに対応する、とかかな?」

「そうそう。けど、例えば、男勝りなタイプの女の子に、頭をなでたりしたら、意外とデレてきたり、ってこともあるじゃないか」

「なるほど……これは難問ですね……」


 だよね?
 どんなゲームでも最初のほうの選択肢は手探りになってしまう傾向はあるよ。
 けど、少しづつ読み進めていくうちに、その女の子がどういう子なのか、どういう問題を抱えているのかがわかってくる。すると、選択肢選びは楽になるもんなんだよ。

 ところが、今回のソーシャルゲームは、最初っから最後までこういう選択肢の出しかたなんだ。後半に至っても、女の子の性格や状況とはあまり関係がない形での選択肢が提示されてしまう。

 今の例だと、徐々に女の子と親しくなっていって、その子が「頭をなでられるのが好き」だとわかれば、そういうスキンシップをとる方向で選択肢を選べばいいな、とわかるんだけども、実際に出てくるのは、


 ・右に行く

 ・左に行く

 ・まっすぐ進む


 というような、その女の子をめぐる物語とは、きわめて関係性が薄い選択肢なんだよねぇ。これじゃ、誰だって不正解を連発しちゃうよ。




■こんな選択肢もあるぞ

 ところで、ノベルゲームには「その子のルートを回避するための選択肢」っていうのもあるんだ。

 またしても、さっきの例だけど、


 ・優しく声をかける

 ・優しく見守る

 ・見なかったことにして通り過ぎる


 こんな感じで選択肢が出てきたら、一番下のそれは、明らかにその子のルートに入らないための選択肢ってことだよ。
 こういう選択肢が出てくるときは、「この子のルートに入ったら、あの子のルートに入れない」というようなタイプの作品であることが多いよ。


 また、選択肢があっても、ルート感覚が希薄な作品っていうのもあるんだよね。
 これは大きく、「物語の多様性そのものが作品になっているタイプ」と「最後にそれぞれのルートが結びつき、全体像が見えるタイプ」にわけることが出来そうだよ。

 そうした作品には「正解」のルートなんてのは想定されていないんだ。
 到達したエンドが、それぞれ独立性を持っていて、強いて言うなら「どのルートも正解」ってことかな。

 そういえば、フリーのノベルゲームでも『cubic3』という作品があったなぁ。
 これは、ストーリーごとに「僕」や「君」の示す内容が変わっていく面白さや、すべてのルートを読み終えたとき、エンディングリストによって、クッキリと物語の全体像が見える作りが魅力だったね。




■選択肢と想像力

「とにかく、さっきの話に戻りますけど、攻略対象の女の子のパーソナリティが、選択肢に反映されていなかった、ってことですね」

「物語の文脈と切り離された形での選択肢ってことだね」

「たしかに、そうなると“物語感”は弱くなりますよねぇ。ん? まてよ……これはソシャゲですからあえてそうやって難しくして、課金をうながしているんじゃないんですか?」

「あっ、そうか! そう簡単に攻略されちゃ困るわけか……。こりゃソシャゲっていうのも、なかなかどうしてしたたかだなぁ!」


 というわけで、ソーシャルゲームのノベルゲームパートでの選択肢選びのむずかしさは、それが「ソーシャルゲームである」ってところに起因しているようなんだ。

 簡単にサブヒロインのルートを攻略出来て、目的である(?)女の子とのエッチシーンまで簡単にいけちゃったら、そりゃ会社はもうからないよね。
 商業ノベルゲーム作品なら、そもそもプレイするために8,800円とか出さないといけないわけだから、基本プレイが無料のソシャゲとは状況が違うんだ。そこまで考えて、ああいう選択肢にしているのか、はわからないけどもね。


 そうは言っても、私はその「選択肢の問題」に1つのノベルゲームの特徴ともいうべきものを感じるんだよね。

 普段は不毛だって言っている「ノベルゲームのゲーム性」に関わる問題なんだけど、選択肢を選ぶときって、さっき話したとおりで、「物語の文脈」を考えながら選ぶよね?

 ヒロインの性格、物語の状況、主人公の性格……文字にすると大げさだけど、こういうものを考えながら、普段選択肢を選んでいるはずだよ。
 つまり、「想像力」というのが、ノベルゲームの選択肢選びでは重要だってことなんだ。


 ヒロインや状況、主人公の気持ちや性格なんかを想像しながら、選択肢を選び、物語を紡いでいく。そう考えると、これもまたゲーム的と言えるんじゃないかな?

 三人称で語られる物語であっても、基本は一緒だよ。
 ただ、三人称であるってことは、プレイヤーにはキャラクターが知らない事実を知っていたり、物語の背後の状況が見えたりしていることが多いから、まさに物語を「導く」感触は強くなるよね。


 だから、ノベルゲームのゲーム性とは? と聞かれたとき、それが選択肢アリの作品であれば、「想像力を使う知的な遊びの要素がある」と答えるよ。

 もちろん、今話したことは基本だから、それに当てはまらないようなものだって、きっとある。
 それに、ノベルゲームではバッドエンドに行ってしまったとしても、セーブさえきちんとしておけば、そのポイントからやり直しがきくから、そういう部分ではたしかにゲーム性は低いよね。


 まぁ、そもそもノベルゲームは「ノベル」が基本なんだから、一本道の作品でも、小説を読むときのように、想像力を使っていることは間違いないんだ。
 綺麗な立ち絵やスチル、サウンドやムービーも、実はその想像力の補助でしかないんだよ。昨今では、そうした補助の部分がものすごく進歩してしまって、そっちの出来栄えで作品を判断するようなことっていうのも増えてきたんだけど、それはちょっとね……。

 そういう想像力がいかに大事かってのは、名作と呼ばれているものを、ノベルゲームに限らず考えてみるといいんじゃないかな?

 名作と呼ばれているものの多くが、「解釈」を要求するものじゃないかい? あるシーン、あるセリフ、そして物語世界の全体像、そうしたものに個々の想像力による解釈が可能な作品だよ。
 思い当たる作品、あるんじゃない?
 例えば、『AIR』なんかもそうだろうし、マンガだと『風の谷のナウシカ』もそうだよね。

 つまり、これは作品自体の懐が深くて、表面だけ見ても全然楽しめるけれども、実は深い世界があるってことなんだ。そして、想像力を使えばそれをたっぷり楽しめるってわけ。


「なんだかえらく真面目な方向に話が進みましたね……」

「んー……別に意識してもっていったわけじゃないんだけどね。やっぱり、問題っていうのは単独で存在しているように見えて、けっこうつながっているもんなんだよ」

「それにしても、道玄斎さんがソシャゲですか……。前は嫌いって言ってたのに」

「ま、まぁね……」

「それに最初、『一本道のメインストーリーがある』って言ってましたよね? もう難しい選択肢にはこだわらずに、そのメインストーリーを楽しんだほうがいいんじゃ?」

「そ、それはだめだ……!」

「へ? なんでです? やっぱりサブヒロインのルートを含めてコンプリートしたい、というノベルゲームマニアとしてのこだわりですか?」

「いや、だって……それじゃサブヒロインの女の子のエッチシーンが見られないじゃないか!」

「…………」

(つづく)




●感想をTwitterでつぶやいてみよう!

このコラムをご覧になられた方は
是非一度Twitterで感想をつぶやいてみて下さい♪


このエントリーをはてなブックマークに追加

最近更新したコンテンツ

2016年01月29日
ニュース
アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」がゲーム化
BD&DVD1巻の特典として収録
2016年01月28日
新着ゲーム
「消灯時刻」
終末世界で起きる、残された人達の物語
2016年01月27日
ニュース
Web漫画「おじさんとマシュマロ」が面白い
おじさんとOLの、微妙に噛み合わない恋愛風景
2016年01月26日
ニュース
漫画「ステラのまほう」がアニメ化決定!
女子高生達が同人ゲームを作る4コマ漫画
2016年01月24日
新着ゲーム
「レミリアケツKicker」
レミリアさんのお尻を蹴るゲームが出たよ
2016年01月21日
新着ゲーム
「凍れる心がとける時」
短編ADV。ファンタジーな世界での恋する学生のお話
2016年01月18日
新着ゲーム
「ゆぼひくっ!」
勇者を作って冒険する?超簡単な暇つぶしゲーム
2016年01月17日
新着ゲーム
「ワーズ・アンド・マジック」
スマホやタブレットで遊べるタイピングRPG
2016年01月15日
新着ゲーム
「東方紅輝心」
レミリアと咲夜の3DアクションRPG
2016年01月14日
新着ゲーム
「TS:NONUPLE NINE ノナプルナイン」
ちょっと(?)エッチな探索型ADVゲーム
2016年01月12日
新着ゲーム
「森でクマさんテラヤバス」
可愛い少女・OLと紳士なクマさんの追いかけっこゲーム
2016年01月12日
コラム
「リド・カイン」さんの連載コラム 第5回
「ゲーム制作一人で出来るもん!データベース作成編」
2016年01月11日
新着ゲーム
「KATHARSIS?禁断病理の子供達?序章」
フルボイス!?「医能伝奇」バトルADV
2016年01月09日
新着ゲーム
「リセマラ勇者」
ガチャを回して勇者を集めてよう
2016年01月06日
新着ゲーム
「ハンスとグライフ」
【18禁】女性向けのダークファンタジーゲーム
2016年01月05日
コラム
「道玄斎」さんの連載コラム 第42回
「非グリム的童話の世界へ」
2016年01月03日
コラム
「眠田 直」さんの連載コラム 第4回
「ゲッペルスちゃん3」制作報告コラム・その4

個人、同人の創作ブログ更新情報


サブコンテンツ

ゲーム制作者様達のシナリオの書き方

  • ayatam

    RPGツクールでゲーム制作をされておられる、フリゲ業界のどじっこ!文体がとても女子な ayatam さんにコラムを書いて頂きました(*゚∀゚)=3

    ・ゲームを作るきっかけ
    ・シナリォの書き方・考ぇ方
    ・スプリングナイトと姫での例
    ・これまでに作ってきて、気をつける様になった事

  • 戯匠Works 無銘774

    男性向けなような、女性向けなような、誰が得するのか良く分からないゲームを懇々と作っております。

  • RED HOSTILITY 蔵野杖人

    R-18GマルチバッドエンドサスペンスADVとか短編サスペンスノベルとか、とにかく人が死んだり、死ぬよりひどい目にあったりするゲームを作っています。

  • Ray [rei] さよのすけ

    同人制作サークル「Ray」のさよのすけと申します。主にアドベンチャーゲームの企画・シナリオを担当しています。

  • Lemon slice 神鏡学斗

    もっぱらRPGツクールシリーズでシミュレーションRPGを制作しています。子供のころからゲーム制作をしていて、制作歴は10年ちょっとくらいでしょうか。ただ、プロのシナリオライターというわけでもなく、ゲーム関係の仕事をしているわけでもありません。なので、ゲーム制作は完全なる趣味です(笑

  • FooL Key

    FooLというブランド名で主にRPGツクールでRPGを製作、公開しています。ゲームを製作する上で何か学んだわけでもなく、完成させた作品に満足をした事もありません。初心者の方向けの文章ですが、読み物の一つとして見て頂ければ幸いです。

  • Electric Prophet 岡崎

    岡崎さんは漫画家兼イラストレーターさんです。趣味で漫画を描いたりゲームの作ったりされておられます。

  • NEWシバプラス 森

    趣味で、二次創作のフリーゲームを中心に製作しています。今年からは、オリジナルのスマホゲーム製作も考案中。

  • mystic night 公主

    女性向け、一般向けのノベルゲームを一人で制作しています。ファンタジー大好きな厨二病を患っているフリーゲーム制作者。自分の好きなものを色々詰め込んだ趣味に走った作品が多いです。常にゲーム制作をしていないと、落ち着きません。病気レベルです。

  • 日本戦争ゲーム開発

    主に軍事系のRPGやSLGそしてバカゲーを作っている、日本戦争ゲーム開発の武藤FPです。シナリオライターというわけではありませんが、絵と音楽以外は自分で作るのでシナリオも書きます。自分なりのシナリオを書く手順について書かせて頂きます。

  • 礼門Z

    最初に作って公開したノベルゲームが2003年。RPG、アクションゲーム、シューティングゲーム、いろいろ作りました。これからも作ります。フリゲはフリーダム・ゲームの略です。

  • 神崎 克樹

    基本的には女性向けのADVを製作しています。
    作品は無料と有料、真面目・不真面目、健全・エロ混在してますが、その日の気分でマイペースに活動中。

  • ゆるいゲーム開発部

    超お勧めのサークルさん!
    何でフリーゲームなのか分からないくらいクオリティの高い、フルボイスのADV作品を制作されておられます(*゚∀゚)=3

このページの先頭へ