道玄斎さんのコラム 第五回:道玄斎のノベルゲーム漫遊記



サークル:久住女中本舗Novelers' MaterialNovelers cafeTwitter
道玄斎さんのコラム:0102030405060708
0910111213141516171819202122
2324252627282930313233343536
37383940414243444546474849




●第五回「デバッグのお手伝い」陰謀論?

道玄斎です、こんばんは。
前回の記事への反応のなかで、 「これはネタになる!」 というものがありましたので、それを手掛かりにして、色々お話していこうと思っています。




■陰謀論?

レビューにはそこまでの力がない、というような事を書いて下さった方がいらっしゃいました。その方は、 「むしろ、レビュワーに力があったのならば、将来ゲーム世界はレビュワーに呑み込まれてしまう……」 みたいな、ディストピアを (恐らく) ギャグで書かれていたのですが、正直、私にはギャグには思えなかったのです。

というのも、そういう冷静に考えればギャグとしか思えないようなことを、マジで考えちゃう人達というのがいるからなのです。

つまり、私がコラムで 「レビューには影響力ないよ!」 って云っても、非常に疑り深い人ってのはいて、 「いや、何かいい思いをしてるに違いない!」 とか 「自由なフリーのノベルゲームの世界を支配するつもりかっ!」 みたいなことを考えているようです。

同じような文言のメール、何通も貰ったからね……。
けど……何度もいいますけど、 「レビューがなんぼのもんじゃい!」 って、私も思ってるんです。そりゃ、誰かの作品選びの参考になったり、わずかな宣伝効果で感謝されたり、なんて嬉しいこともあります。

けど、レビューそのものが決定的に影響力を持ったり、あるいはそれに付随してオイシイ思いが出来る、なんてことはないと思います。




■レビュワーの役得

率直に書いてしまいますけど、 「確かに、これはレビューやってるからこそだな」 ということはあります。つまり、レビュワーの役得って感じでしょうか。本当にオイシイかどうかは別にしても、ね。
箇条書きにしてみましょう。


・デバッグやテストプレイを頼まれる

・作者さんと交流出来る (こともある)

・レビューを書く代わりに、頒布品をタダで貰えることがある。


こんなところでしょうか?
割と、デバッグやテストプレイの依頼は多いような気がしています。これのどこがメリットなんだ、って? そりゃ、まだ世に出ていない作品をいち早くプレイ出来ちゃうっていうのは、結構ノベルゲーム好きにしてみりゃ、たまらないと思うのですがいかがですか?

あっ、もちろん、わざわざ依頼して下さったのですから、なるべくお引き受けするようにして、全力でデバッグさせて頂いてます。このデバッグに関しては、色々と思うところもあるので、次のチャプターで書きましょう。


作者さんとの交流に関してですけど、作品をレビューで取り上げた時に作者さんからメールを頂いたり、という形が多いですね。私のレビューをご存じの方は、私がかなり脱線した話をしたり、あるいは時に深読みしすぎたりする、というがあるわけなんですが、ごくごくまれに、作者さんから 「よくぞ書いてくれた!」 と、言って頂けることがあります。

そういう時って大抵、他の人からは 「そりゃ、深読みのし過ぎでしょー!」 なんて言われたりするんですけど、作者さん本人から 「その深読みは正解です」 とお墨付きを貰えるとやっぱり、なんか嬉しくなっちゃいますね。


さて、問題の 「レビューと引き替えの、頒布品 (大抵データとして) の授受」 ですけど、これだけ聞くと、 「やっぱ、いい思いしてんじゃん!」 って思うでしょ?
けど、そんなこともないんです。

というのも、私は 「フリーの」 ノベルゲームを主体にして、ブログで細々レビューを書いてますから、頒布品……つまりシェア作品のレビューは原則書かないので、お断りしてしまうのです。

もし、お引き受けしたとしても、 「タダで貰っちゃったもの」 に対して、いつものように書けるか? って問われたら、答えにくいので、やっぱりレビューは出来ないんですね。もし、その作品に興味があって、レビューしたい! と強く思うなら、今の私は、身銭を切って買うと思います。

多分……シェア同人をメインに活動していらっしゃるレビュワーの方も、同じ感覚を持っていると思いますよ。ですので、 「タダで作品が貰える」 といっても、そうしたケースはほぼない、と考えていいでしょう。




■デバッグのプロ

先ほどちらっと予告しておいた、 「デバッグ」 や 「テストプレイ」 にまつわる部分のお話に移行しましょう。

私も色々な作品のデバッグやテストプレイ、参加させてもらいました。そこで、初めて知ったんですけど、 「デバッグのプロ」 ともいうべき人がいるんですよね。

つまり、 「色々な作品のデバッグやテストプレイで予定がギッシリ」 の人です。しかも、どうやら、その人 (達) は自分では作品など作ったりしていないっぽいんです。

まさに、デバッグに命を掛けてるというか、そういう人なんですよね。また、どうも、その話しぶりから商業作品のデバッグにも携わっているような……。

モノによっては、デバッグをすることで、金銭の授受があるものの、フリーのゲームのデバッグにも応募してくれて、一生懸命作業をしてくれる……。
なんとも不思議な存在です。

そういえば、デバッグ作業を手伝う時には、やっぱりスクリプトの知識は多少なりともあった方がよいのです。ですので、私もNScripterと吉里吉里/KAGの分厚い参考書は持っています。自分の制作の時にもお世話になりますし、ね。


そんなわけで、色々なデバッグの現場を見てきたわけですけど、デバッガー達から集まった指摘が多すぎて収集がつかなくなる、というケースもあります。




■1つのアイデア

どういう時に収集がつかなくなるのか、ってーと、 「指摘が多くの分野にまたがり、なおかつ、それが複数人から寄せられる時」 が多かったですね。

絵は絵で、塗りの甘さとかそういう部分の指摘があり、文章の誤字や不自然な表現、シナリオ上の矛盾、スクリプトミスによる正常に動かないシステム……。

などなど、あげていけばキリはないんですけど、こういうのが1つのテキストファイルに、ずらっと書かれている時に、制作者の側が 「うわー! 収集つかないよぅ」 と途方に暮れていました。

で、私のもとに 「次回、こういう混乱を避けるためにどうしたらいい?」 と相談がきたわけです。
取りあえず考えつくのは、


・デバッグシートを作って、それに沿ってデバッグしてもらう。


というものでしたので、それをそのまま伝えました。
要は、あらゆる分野に対しての指摘がごちゃごちゃに書かれているから混乱するのであって、こちらから 「グラフィック関係」 「テキスト関係」 「シナリオ関係」 「その他」 とか、そういう項目を立てて、それぞれ分かりやすく指摘してもらう形を作れば、問題は解決するはずです。

結果……今のところ割と上手くいっているようで、私自身ホッとしています。これは、分担してデバッグ作業する時にも役に立つかもしれないです。

「○○ルートデバッグシート」 みたいな形にして、1枚1枚独立性を持たせてやれば、パッと見の量とか、ごちゃごちゃ感に惑わされずにすみます。また、なにより、 「デバッグシートを作る」 ってひと手間が、結構楽しいらしいんです。

なんか、 「作業してる感」 がありますし、ちょっと 「プロっぽい」 ですもんね。




■オフィスソフト

そうそう、デバッグシートはオフィスソフトを使って作っても全然いいんですよ。というか、そっちの方が見やすいと思います。企画書なんかもそうですよね。

なんてことを言うと、


「わたし、WordとかExcelもってないんで……」


と言われちゃうんですけど、今はフリーで使えるオフィスソフトがありますよね?フリーですから、誰でも導入出来ます。

しかも、それで複雑な計算をしたりとか、複雑なレイアウトを作れ、とかってわけじゃないので、気軽に作業してもらえるんじゃないかと。

私も、一応WordやらExcelやら持っているんですけど (どうしても、日常生活で必要なので) 、もう、ノベルゲーム関係とか、趣味の領域ではフリーのオフィスソフト、Libre Officeに切り替えてます。

誰でも導入出来ますから、情報を共有するのには便利です。デバッグに限らず、企画書とか、素材リストなどでも使えるので重宝しますよ。


というわけで、レビュワーの役得の話から、デバッグ関係のことまで、思いつくまま書いてみました。

思ったより、役得って少ないでしょ? レビュワーに関してある意味で 「夢」 を抱いている人も多いんですけど (だからこそ、批判される) 、実際のところ、こんなもんだよ、っていうのが示せたので、満足しています。

また、オフィスソフトの話なんかもしてみましたが、 「なんか使えそうだな」 って思った部分だけ、上手いこと利用して下されば、と思います。


※次回は、質問というか要望がきたので、それに対して答えていこうと思っています。また、疑問、要望、質問など相も変わらず受付中ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

(つづく)




●感想をTwitterでつぶやいてみよう!

このコラムをご覧になられた方は
是非一度Twitterで感想をつぶやいてみて下さい♪


このエントリーをはてなブックマークに追加

最近更新したコンテンツ

2016年01月29日
ニュース
アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」がゲーム化
BD&DVD1巻の特典として収録
2016年01月28日
新着ゲーム
「消灯時刻」
終末世界で起きる、残された人達の物語
2016年01月27日
ニュース
Web漫画「おじさんとマシュマロ」が面白い
おじさんとOLの、微妙に噛み合わない恋愛風景
2016年01月26日
ニュース
漫画「ステラのまほう」がアニメ化決定!
女子高生達が同人ゲームを作る4コマ漫画
2016年01月24日
新着ゲーム
「レミリアケツKicker」
レミリアさんのお尻を蹴るゲームが出たよ
2016年01月21日
新着ゲーム
「凍れる心がとける時」
短編ADV。ファンタジーな世界での恋する学生のお話
2016年01月18日
新着ゲーム
「ゆぼひくっ!」
勇者を作って冒険する?超簡単な暇つぶしゲーム
2016年01月17日
新着ゲーム
「ワーズ・アンド・マジック」
スマホやタブレットで遊べるタイピングRPG
2016年01月15日
新着ゲーム
「東方紅輝心」
レミリアと咲夜の3DアクションRPG
2016年01月14日
新着ゲーム
「TS:NONUPLE NINE ノナプルナイン」
ちょっと(?)エッチな探索型ADVゲーム
2016年01月12日
新着ゲーム
「森でクマさんテラヤバス」
可愛い少女・OLと紳士なクマさんの追いかけっこゲーム
2016年01月12日
コラム
「リド・カイン」さんの連載コラム 第5回
「ゲーム制作一人で出来るもん!データベース作成編」
2016年01月11日
新着ゲーム
「KATHARSIS?禁断病理の子供達?序章」
フルボイス!?「医能伝奇」バトルADV
2016年01月09日
新着ゲーム
「リセマラ勇者」
ガチャを回して勇者を集めてよう
2016年01月06日
新着ゲーム
「ハンスとグライフ」
【18禁】女性向けのダークファンタジーゲーム
2016年01月05日
コラム
「道玄斎」さんの連載コラム 第42回
「非グリム的童話の世界へ」
2016年01月03日
コラム
「眠田 直」さんの連載コラム 第4回
「ゲッペルスちゃん3」制作報告コラム・その4

個人、同人の創作ブログ更新情報


サブコンテンツ

ゲーム制作者様達のシナリオの書き方

  • ayatam

    RPGツクールでゲーム制作をされておられる、フリゲ業界のどじっこ!文体がとても女子な ayatam さんにコラムを書いて頂きました(*゚∀゚)=3

    ・ゲームを作るきっかけ
    ・シナリォの書き方・考ぇ方
    ・スプリングナイトと姫での例
    ・これまでに作ってきて、気をつける様になった事

  • 戯匠Works 無銘774

    男性向けなような、女性向けなような、誰が得するのか良く分からないゲームを懇々と作っております。

  • RED HOSTILITY 蔵野杖人

    R-18GマルチバッドエンドサスペンスADVとか短編サスペンスノベルとか、とにかく人が死んだり、死ぬよりひどい目にあったりするゲームを作っています。

  • Ray [rei] さよのすけ

    同人制作サークル「Ray」のさよのすけと申します。主にアドベンチャーゲームの企画・シナリオを担当しています。

  • Lemon slice 神鏡学斗

    もっぱらRPGツクールシリーズでシミュレーションRPGを制作しています。子供のころからゲーム制作をしていて、制作歴は10年ちょっとくらいでしょうか。ただ、プロのシナリオライターというわけでもなく、ゲーム関係の仕事をしているわけでもありません。なので、ゲーム制作は完全なる趣味です(笑

  • FooL Key

    FooLというブランド名で主にRPGツクールでRPGを製作、公開しています。ゲームを製作する上で何か学んだわけでもなく、完成させた作品に満足をした事もありません。初心者の方向けの文章ですが、読み物の一つとして見て頂ければ幸いです。

  • Electric Prophet 岡崎

    岡崎さんは漫画家兼イラストレーターさんです。趣味で漫画を描いたりゲームの作ったりされておられます。

  • NEWシバプラス 森

    趣味で、二次創作のフリーゲームを中心に製作しています。今年からは、オリジナルのスマホゲーム製作も考案中。

  • mystic night 公主

    女性向け、一般向けのノベルゲームを一人で制作しています。ファンタジー大好きな厨二病を患っているフリーゲーム制作者。自分の好きなものを色々詰め込んだ趣味に走った作品が多いです。常にゲーム制作をしていないと、落ち着きません。病気レベルです。

  • 日本戦争ゲーム開発

    主に軍事系のRPGやSLGそしてバカゲーを作っている、日本戦争ゲーム開発の武藤FPです。シナリオライターというわけではありませんが、絵と音楽以外は自分で作るのでシナリオも書きます。自分なりのシナリオを書く手順について書かせて頂きます。

  • 礼門Z

    最初に作って公開したノベルゲームが2003年。RPG、アクションゲーム、シューティングゲーム、いろいろ作りました。これからも作ります。フリゲはフリーダム・ゲームの略です。

  • 神崎 克樹

    基本的には女性向けのADVを製作しています。
    作品は無料と有料、真面目・不真面目、健全・エロ混在してますが、その日の気分でマイペースに活動中。

  • ゆるいゲーム開発部

    超お勧めのサークルさん!
    何でフリーゲームなのか分からないくらいクオリティの高い、フルボイスのADV作品を制作されておられます(*゚∀゚)=3

このページの先頭へ