夢幻台さんのコラム 03



サークル:ホームページブログTwitter
作品:カラーズパーティーカレンダーパーティータイムパーティーセブンスパーティーツクール×スクール干支ランジェパーティー作品一覧
夢幻台さんのコラム:0102030405060708
09101112131415161718




●「完成」の瞬間の嬉しさを知る。

私(夢幻台)は完成にはこだわりたい、というのを前回お話ししましたが、何故そこまで完成にこだわるのか。シンプルに一言で言うなら「完成したら嬉しい」からです。

身もふたもない言い方かもしれませんが、ゲームを1本作りあげた方であれば、ゲーム完成の瞬間の、感動にも近い嬉しさは体感したことがあると思います。なのでまた新しい作品を作る=またあの嬉しさを味わいたい、となりそれが次の作品を完成まで導く原動力を支えています。言葉は悪いですが、味を占めているわけです。

「完成の味」を知っているか、知らないかは完成へ向けての大きな違いになると考えています。知っていれば制作開始から、その完成させたときのイメージ、すなわち「完成の味」を思い浮かべてそれに向かって突き進んでいくわけです。目指すものがある、そしてそのイメージもある、さらにはそれが素晴らしいものであることも知っている、これだけそろえば迷うことも減ります。




●「完成」させた作品・作者さんからパワーをもらう。

「自分はゲームを完成させたことが無いから、完成の味なんて分かるわけないだろう」と言うかもしれませんが「完成の味」は実は完成させたことが無くても知ることができます。

自分の周りのゲーム制作者さんで、ゲームを完成させた方はいらっしゃるでしょうか?もしいれば、その方のゲームをプレイする、その方に祝福のコメントをあげる、などして、完成という絶頂にいる作者さんからパワーをもらいましょう。自分自身の例ですと「2D格闘ツクール」での制作の頃、デジタルファミ通コンテストパークの受賞作品をプレイしたり、受賞のコメントを読んだりして「すごい」と思いつつ「次は自分」という意欲を頂いたものです。

また「完成」とはこういうものだというイメージをより鮮明にしたり「完成の味」を知る手がかりを掴む意味でも完成作品をプレイしたり、作者さんのお話を聞くことには大きなメリットがあると考えます。

つい最近閉幕したばかりの、とりあかさん主催「フリゲ展2015春」を見てみても、ゲームを投稿した作者さんからは「ゲームを作りあげた喜び」が満ち溢れています。ぜひそういった方々、そしてその作品からパワーをもらってみてはいかがでしょうか。




●「完成」したときをイメージする。

ゲームを完成させたことは無いし、ゲームを完成させた知り合いもいない、という時には自分の中に「完成の味」を作るという手もあります。

方法としては「今作っているゲームが完成した姿、それに対する周囲の反応をイメージする」です。自分の作った作品が他の人にプレイしてもらえている、自分の作ったキャラクターが他の人の手でのびのびと動いている、プレイ感想をもらったとか、実況プレイをしてもらったことをイメージしてもよいでしょう。

酷い妄想癖だと思われるかも知れませんが、想像するだけで楽しくなってくるのではないでしょうか。自分の場合ですと、始めてPC版のRPGツクールでのゲーム制作「タイムパーティー」の時がこれに当たりました。

格ツクとは勝手の違う制作、RPG制作は家庭版RPGツクール以来10年以上離れていましたが、ここでも制作初期の段階から、ゲームが完成してキャラたちが生き生きとプレイヤーさんの手で動いている姿を想像するだけで、制作意欲がガンガン上がってきたのを覚えています。

完成のイメージが湧かない、という方はひとつ前に戻って「自分の中に本当に『完成』があるか?」をもう一度確認しましょう。完成させる意識が無いのに完成をイメージしようとしても無理があります。

完成させたことは無い、完成させた知り合いもいない、完成のイメージも湧かない、でもやっぱり自分の中に『完成させたい』は強くある、という方の場合は完成のイメージの仕方がよくわからない…という方もいらっしゃると思います。

というわけで、次回はその「完成のイメージ」とも関係のある、「完成を意識したゲーム全体像の組み立て方」についてお話しできればと思います。



↑セブンスパーティー、エンディングの1コマ。
全てを仕上げた最後のテストプレイでこの場面を見終えて
完成を実感した瞬間、これこそが完成の意識を 支える
「完成の味」です。

(つづく)




※オマケ



COLORS PARTY ?LOST IN EATER?
詳細:マニュアルスクリーンショットダウンロード

「色に染まるな、闇に染まれ」
色彩格闘エンターテイメント後継作2D格闘!
「DIV」×「EXZAM」夢のコラボで送る
生まれ変わった新境地のカラーズパーティーが遂に実現へ!






↑「DIV」×「EXZAM」夢のコラボで送る
生まれ変わった新境地のカラーズパーティーが遂に実現へ!






ツクール×スクール
詳細:児童生徒紹介設定資料ページダウンロード

新感覚コラボレーションRPG!
そこは個性豊かな児童・生徒と想像力に溢れる学校…
ツクラー2人一組で送る一斉キャラコラボレーション






↑「ツクール×スクール」のプロモーション動画

最近更新したコンテンツ

2016年01月29日
ニュース
アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」がゲーム化
BD&DVD1巻の特典として収録
2016年01月28日
新着ゲーム
「消灯時刻」
終末世界で起きる、残された人達の物語
2016年01月27日
ニュース
Web漫画「おじさんとマシュマロ」が面白い
おじさんとOLの、微妙に噛み合わない恋愛風景
2016年01月26日
ニュース
漫画「ステラのまほう」がアニメ化決定!
女子高生達が同人ゲームを作る4コマ漫画
2016年01月24日
新着ゲーム
「レミリアケツKicker」
レミリアさんのお尻を蹴るゲームが出たよ
2016年01月21日
新着ゲーム
「凍れる心がとける時」
短編ADV。ファンタジーな世界での恋する学生のお話
2016年01月18日
新着ゲーム
「ゆぼひくっ!」
勇者を作って冒険する?超簡単な暇つぶしゲーム
2016年01月17日
新着ゲーム
「ワーズ・アンド・マジック」
スマホやタブレットで遊べるタイピングRPG
2016年01月15日
新着ゲーム
「東方紅輝心」
レミリアと咲夜の3DアクションRPG
2016年01月14日
新着ゲーム
「TS:NONUPLE NINE ノナプルナイン」
ちょっと(?)エッチな探索型ADVゲーム
2016年01月12日
新着ゲーム
「森でクマさんテラヤバス」
可愛い少女・OLと紳士なクマさんの追いかけっこゲーム
2016年01月12日
コラム
「リド・カイン」さんの連載コラム 第5回
「ゲーム制作一人で出来るもん!データベース作成編」
2016年01月11日
新着ゲーム
「KATHARSIS?禁断病理の子供達?序章」
フルボイス!?「医能伝奇」バトルADV
2016年01月09日
新着ゲーム
「リセマラ勇者」
ガチャを回して勇者を集めてよう
2016年01月06日
新着ゲーム
「ハンスとグライフ」
【18禁】女性向けのダークファンタジーゲーム
2016年01月05日
コラム
「道玄斎」さんの連載コラム 第42回
「非グリム的童話の世界へ」
2016年01月03日
コラム
「眠田 直」さんの連載コラム 第4回
「ゲッペルスちゃん3」制作報告コラム・その4

個人、同人の創作ブログ更新情報


ゲーム制作者様 - 丹下さんの連載コラム

ダミー画像

超お勧めのサークルさん!何でフリーゲームなのか分からないくらいクオリティの高い、フルボイスのADV作品を制作されておられます(*゚∀゚)=3 サークル結成時から、作品完成までのお話を書いて頂きました。

ゲーム制作者様 - カンナさんの連載コラム

ダミー画像

趣味でノベルゲームの制作をされておられる「革命前夜」の漫画描きさんヾ(*´∀`*)ノ ゲーム制作のきっかけから、色々と試行錯誤されていたお話を書いて頂きました。

レビュアー様 - 道玄斎さんの連載コラム

道玄斎さんのコラム

「久住女中本舗」というブログでフリーノベルのレビューを昔からされておられ、ゲーム素材のポータル運営など、幅広く活動されておられる凄い方。

ゲーム制作者様 - 電動伝奇堂さんの連載コラム

電動伝奇堂さんのコラム

フルボイスでめっちゃ動く、オリジナル中華風現代伝奇ノベルゲーム「キョンシー×タオシー」の制作者さん。序盤の迷走から、何故キョンシーなのか?など、様々なお話を頂いております。

ゲーム制作者様 - 夢幻台さんの連載コラム

夢幻台さんのコラム

ツクールを使ってのゲーム制作者、通称「ツクラー」の端くれです。ツクール歴は20年を迎え、個人制作作品は今現在12作品公開させていただいております。複数の方との共同制作、いわゆるコラボ作品「格ツクコンチェルト プロジェクト2D」や「ツクール×スクール」なども制作させて頂きました。

ゲーム制作者様 - ふしぎの国ねこ横町さん番地さんの連載コラム

ふしぎの国ねこ横町さん番地さんのコラム

ジャンルに囚われない作品制作を目指す、男女二人から成る創作サークルです。アドベンチャーゲーム・サウンドノベルゲーム・ドラマCD・シチュエーションCDと徐々に作品の幅を広げています。結成からまだ2年と短くはありますが様々な物事にチャレンジしていきたいと思っています。

ゲーム制作者様 - granat 館山緑さんの連載コラム

granat 館山緑さんのコラム

ゲームシナリオライター、小説家です。アホほど分岐の多い、陰気なテキスト系ゲームを制作しています。陰気、分岐、青春を目指しています。

ゲーム制作者様 - デスポンさんの連載コラム

デスポンさんのコラム

小1でRPGツクール95を触り始めツクール暦17年目。大学時代に学校をサボりまくって作った長編BloodyAliceが「第8回ふりーむコンテスト」で二冠達成。現在は社会人の傍ら活動しているため、忙しさに応じて製作速度がブレる。ここ最近は落ち着いているため新作に意気揚々と着手している。

サブコンテンツ

このページの先頭へ