道玄斎さんのコラム 35:道玄斎のノベルゲーム漫遊記



サークル:久住女中本舗Novelers' MaterialNovelers cafeTwitter
道玄斎さんのコラム:0102030405060708
0910111213141516171819202122
2324252627282930313233343536
37383940414243444546474849




●第三十五回「マジックアイテムあれやこれ」

 ノベルゲームでも、いわゆる「ファンタジー世界」を舞台にしたものがしばしばあるんだ。
 私は結構好きだから、そういう作品があるとなかば無条件的にダウンロードしてしまうんだよね。

 こうしたファンタジー作品では「魔法」の占めるウエイトが大きくて、ある意味で、作品が面白いものになるかどうかは、この魔法や魔法のアイテムが魅力的かどうか、にかかってる気もするんだよ。

 もっとも、近代的な要素が多分に混じったファンタジー世界なんかもあるんだけど、やっぱり魔法的な力が細々と生きているんだよね。
 「戯匠Works」さんのフリー作品ブランド「プラスマイナスゼロ」の作品『ヤサシイセカイ。?Rewrite The Scars?』も、そんな雰囲気だったなぁ。
 中世……とはとても言えない近代的な要素がありつつも、魔法の力が存在していて、銃の形をしたマジックアイテム(魔法の弾を込められる)があったりしてね。

 とにかく、今日はそういうマジックアイテムについて見ていこうよ。




■マジックアイテムを分類しよう

 マジックアイテムっていっても、色んなタイプがあるからまずは、独断と偏見でそれらを分類してみよう。

 私の分類は、


  ・道具本来としての使い道より象徴的な意味を持つもの

  ・普通に役に立つもの

  ・役に立つが、代償を要求するもの

  ・よくわからないもの


 と、こんな感じかな。

 最初の「道具本来としての使い道より象徴的な意味を持つもの」だけど、これは、草薙の剣とかがそれっぽいかな。
 確かに、剣として使われたという実績はあれど、それはだんだんと象徴的な意味合いを持つようになったというわけ。

 似たようなものだとエクスカリバーなんかもそうじゃないかな?
 剣そのものとしての使われ方もあるけど、ブリテン王の正統性を証明するための道具という側面がどうしても強い気がするよ。

 この2つの剣は、実は刀身も大事だけど、「鞘も大事」(鞘も強力なマジックアイテム)という意味で、共通点があるねぇ。


 「役に立つが、代償を要求するもの」もわかりやすいかな。
 『エルリック・サーガ』に出てくる「ストームブリンガー」なんていう魔剣はまさにこのタイプだよ。

 ストームブリンガーはちょっと代償も強力すぎるからアレだけど、私はこの手のトレードオフ型のマジックアイテムが一番好きだな。

 だって、単純に便利なアイテムがあったら、それを使い倒すだけになってしまって面白くないよ。便利さに応じて、一定のペナルティというか代償があったほうが、物語がグンと面白くなるはずだよ。

 おっと、忘れちゃいけない。
 この手のアイテムでもっとも有名なものは『指輪物語』に出てくる「一つの指輪」だよ。
 この指輪は、指にはめることで「姿を消す」ことが出来るんだ。もちろん、それだけじゃなくって、中つ国を支配しうる強力なパワーも秘めているし、冥王サウロンの弱点でもあったりする。

 けどねぇ、この指輪をはめると、自身の存在も現世から少しづつ消えていくんだよね。
 これはちょっとした恐怖だよ。少しづつ少しづつ自分が蝕まれていく、ってのはゾッとしないよねぇ。


 さて、「よくわからないもの」だけど、この筆頭は北欧神話に出てくる「ドラウプニル」じゃないかな。
 このドラウプニル、黄金の腕輪なんだけどど、9夜ごとに8個同じ重さの腕輪を生み出すんだよ。つまり、18日経つと、ドラウプニル本体と、そこから生み出された腕輪が合計で17個存在することになる。こりゃ、一年も経てばとんでもない量の腕輪が生み出されてしまうじゃないか!

 これはその意義がよくわからないよね。
 あるいは「象徴的」なものなのかもしれないんだけど、ここでは便宜上「よくわからないもの」にしておいたよ。




■問題なのは

 さて、問題なのは「普通に役に立つもの」だよ。
 多くの場合、これらのマジックアイテムが「超強力」であることはないんだ。
 超強力なものは、何かしら代償がついてまわるもんだよ。

 込められた魔術の力は小さいけれども、ちょこっと役に立ってしかもあまり代償を要求しない、とまとめることも可能かな。

 ただし、マジックアイテムっていうのはそもそもが貴重品なんだよ。
 だから、カジュアルに使えるものであっても「入手は困難」なのが普通なんだ。

 例えば、「一日一回、コマンドワードを唱えると、光を照らし照明用として使えるロッド」とかね。これは役に立つことは立つ。けど、戦闘やその駆け引きを有利にしたりするのには向いてないよね。
 このロッドがあれば、たいまつやランタンの油を買ったりすることとは無縁になるけど、たいまつはその燃える火で敵を焼いたり応用が利くんだよねぇ。
 けど、それでもやっぱり、こうしたロッドは貴重品だし「購入」しようとすると、とてつもなく高価なもののはずだよ。


 それはさておき、私が昔から気になっているのは『指輪物語』に出てくる「レンバス」なんだ。
 これは「エルフの糧食」なんだけど、姿かたちは薄焼きのお菓子のようだって書いてある。ただ、ドワーフの連中も似たような携帯食料を持っていて、そちらは「クラム」っていうんだけど、この2つは似て非なるものなんだよ。

 まず、味。
 簡単に言えば、クラムはまずいがレンバスは旨い。

 次に、効果。
 レンバスは一枚食べるだけで、丸々一日動けるだけのエネルギーを摂取出来る。

 と、ザッとこんな違いがあるんだ。
 レンバスを「特別なお菓子」としてしまってもいいんだけど……『指輪物語』の後半では、サムとフロドはこのレンバスのかけらで命をつないでいるんだよね。

 これはもう、ただのお菓子、糧食っていうものを超えて、「マジックアイテム」と考えてもいいんじゃないかな? レンバスを入手するためには、「エルフに会わないといけない」、さらに「エルフからもらわないといけない」という困難性の要素もあるしね。

 そもそも、『指輪物語』の世界ではエルフっていうのは、神様に準ずるような非常に高貴な種族で、寿命で死ぬことはない、とされてるんだ。
 そんなエルフが生み出したものは、やっぱり「魔法的」な要素があるよね。




■そしていつもの

 え? いつものバカ話がない、って?
 いや……あることはあるんだけど、あまりにしょうもない話だから、書こうかどうか迷ってるんだ……。

 えーい! 原稿を埋めるためだ、思い切って書いてしまおう!

 私が以前、今日の話と同じ内容を、知り合いに話したことがあったんだよね。その知り合いっていうのは、ファンタジーノベルゲームの作り手だったというわけ。


「こんなわけで、便利なアイテムっていうのもあるんだけど、面白さって意味では、代償要求型のマジックアイテムがいいよね」

「なるほど……やっぱり便利なだけじゃ物足りないですもんね。わたしもちょっと設定してみますね! これはネタになるかも!?」


 こんなやり取りによって、彼女は「オリジナルのマジックアイテム」を設定していくことになったんだ。
 そうそう、例によって、「設定魔」の女性なんだけどもね。

 で、彼女は「便利だけども、使用すると使用者の生命力を削り取っていくアイテム」を生み出したんだ。


「えっと……このサクリファイスソードは生命力を犠牲にして、どんなものでも切ることが出来る剣……サクリファイスヘルムは生命を削って知識を引き出す兜……」


 こんな風に「サクリファイスシリーズ」ともいうべき一連のアイテムを生み出したんだ。
 それだけじゃなく、たくさんのマジックアイテムを設定して、「そのアイテムをどうやって作中で活かすか」ってところから、シナリオを練りだしたんだよ。

 そして……。


「道玄斎さん! シナリオの骨組みが出来ました!」

「ん、どれどれ……」


 どうやら世界中に「サクリファイスシリーズ」の武具が散らばっているらしく、主人公たちはその「サクリファイスシリーズ」の武具を集めて封印するために冒険をしてる、っていう設定だったんだ。

 っと、勘のいいかたなら、もうオチは見えたんじゃないかな?


「あのさ……この最後の戦いなんだけどさ……」

「なにか問題ありましたか?」

「ほら、主人公はサクリファイスシールドを持ってるじゃない?」

「ええ、持ってますね。生命力を消費してどんな攻撃も防ぐことが出来る盾です」

「で、ボスは最後の武具、サクリファイスソードを持っている……」

「これは強力なアイテムですよ?! 何しろ生命力を削って、あらゆるものを斬ることが出来る剣なんですからね」

「その……つまりさ、サクリファイスソードで、サクリファイスシールドに斬りつけるとどうなるのかな? つまり、『矛盾』ってことなんだけど……」

「ああ、そんなことですか! ばっちり解決してますよ!」

「え? じゃあ、どうなるんだい?」

「それはですね……両方の武具が壊れるんです!」

「それじゃ、『聖闘士星矢』じゃないか!!」


 というわけで、今回のお話しは終わりだよ。

 もし、ファンタジックなゲームを作る機会があれば、ぜひマジックアイテムにも目を向けてやってくださいな。
 自分なりのマジックアイテム分類法を見つけてみるっていうのも、なかなか楽しいよ。

 それじゃ、またね。

(つづく)




●感想をTwitterでつぶやいてみよう!

このコラムをご覧になられた方は
是非一度Twitterで感想をつぶやいてみて下さい♪


このエントリーをはてなブックマークに追加

最近更新したコンテンツ

2016年01月29日
ニュース
アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」がゲーム化
BD&DVD1巻の特典として収録
2016年01月28日
新着ゲーム
「消灯時刻」
終末世界で起きる、残された人達の物語
2016年01月27日
ニュース
Web漫画「おじさんとマシュマロ」が面白い
おじさんとOLの、微妙に噛み合わない恋愛風景
2016年01月26日
ニュース
漫画「ステラのまほう」がアニメ化決定!
女子高生達が同人ゲームを作る4コマ漫画
2016年01月24日
新着ゲーム
「レミリアケツKicker」
レミリアさんのお尻を蹴るゲームが出たよ
2016年01月21日
新着ゲーム
「凍れる心がとける時」
短編ADV。ファンタジーな世界での恋する学生のお話
2016年01月18日
新着ゲーム
「ゆぼひくっ!」
勇者を作って冒険する?超簡単な暇つぶしゲーム
2016年01月17日
新着ゲーム
「ワーズ・アンド・マジック」
スマホやタブレットで遊べるタイピングRPG
2016年01月15日
新着ゲーム
「東方紅輝心」
レミリアと咲夜の3DアクションRPG
2016年01月14日
新着ゲーム
「TS:NONUPLE NINE ノナプルナイン」
ちょっと(?)エッチな探索型ADVゲーム
2016年01月12日
新着ゲーム
「森でクマさんテラヤバス」
可愛い少女・OLと紳士なクマさんの追いかけっこゲーム
2016年01月12日
コラム
「リド・カイン」さんの連載コラム 第5回
「ゲーム制作一人で出来るもん!データベース作成編」
2016年01月11日
新着ゲーム
「KATHARSIS?禁断病理の子供達?序章」
フルボイス!?「医能伝奇」バトルADV
2016年01月09日
新着ゲーム
「リセマラ勇者」
ガチャを回して勇者を集めてよう
2016年01月06日
新着ゲーム
「ハンスとグライフ」
【18禁】女性向けのダークファンタジーゲーム
2016年01月05日
コラム
「道玄斎」さんの連載コラム 第42回
「非グリム的童話の世界へ」
2016年01月03日
コラム
「眠田 直」さんの連載コラム 第4回
「ゲッペルスちゃん3」制作報告コラム・その4

個人、同人の創作ブログ更新情報


サブコンテンツ

ゲーム制作者様達のシナリオの書き方

  • ayatam

    RPGツクールでゲーム制作をされておられる、フリゲ業界のどじっこ!文体がとても女子な ayatam さんにコラムを書いて頂きました(*゚∀゚)=3

    ・ゲームを作るきっかけ
    ・シナリォの書き方・考ぇ方
    ・スプリングナイトと姫での例
    ・これまでに作ってきて、気をつける様になった事

  • 戯匠Works 無銘774

    男性向けなような、女性向けなような、誰が得するのか良く分からないゲームを懇々と作っております。

  • RED HOSTILITY 蔵野杖人

    R-18GマルチバッドエンドサスペンスADVとか短編サスペンスノベルとか、とにかく人が死んだり、死ぬよりひどい目にあったりするゲームを作っています。

  • Ray [rei] さよのすけ

    同人制作サークル「Ray」のさよのすけと申します。主にアドベンチャーゲームの企画・シナリオを担当しています。

  • Lemon slice 神鏡学斗

    もっぱらRPGツクールシリーズでシミュレーションRPGを制作しています。子供のころからゲーム制作をしていて、制作歴は10年ちょっとくらいでしょうか。ただ、プロのシナリオライターというわけでもなく、ゲーム関係の仕事をしているわけでもありません。なので、ゲーム制作は完全なる趣味です(笑

  • FooL Key

    FooLというブランド名で主にRPGツクールでRPGを製作、公開しています。ゲームを製作する上で何か学んだわけでもなく、完成させた作品に満足をした事もありません。初心者の方向けの文章ですが、読み物の一つとして見て頂ければ幸いです。

  • Electric Prophet 岡崎

    岡崎さんは漫画家兼イラストレーターさんです。趣味で漫画を描いたりゲームの作ったりされておられます。

  • NEWシバプラス 森

    趣味で、二次創作のフリーゲームを中心に製作しています。今年からは、オリジナルのスマホゲーム製作も考案中。

  • mystic night 公主

    女性向け、一般向けのノベルゲームを一人で制作しています。ファンタジー大好きな厨二病を患っているフリーゲーム制作者。自分の好きなものを色々詰め込んだ趣味に走った作品が多いです。常にゲーム制作をしていないと、落ち着きません。病気レベルです。

  • 日本戦争ゲーム開発

    主に軍事系のRPGやSLGそしてバカゲーを作っている、日本戦争ゲーム開発の武藤FPです。シナリオライターというわけではありませんが、絵と音楽以外は自分で作るのでシナリオも書きます。自分なりのシナリオを書く手順について書かせて頂きます。

  • 礼門Z

    最初に作って公開したノベルゲームが2003年。RPG、アクションゲーム、シューティングゲーム、いろいろ作りました。これからも作ります。フリゲはフリーダム・ゲームの略です。

  • 神崎 克樹

    基本的には女性向けのADVを製作しています。
    作品は無料と有料、真面目・不真面目、健全・エロ混在してますが、その日の気分でマイペースに活動中。

  • ゆるいゲーム開発部

    超お勧めのサークルさん!
    何でフリーゲームなのか分からないくらいクオリティの高い、フルボイスのADV作品を制作されておられます(*゚∀゚)=3

このページの先頭へ