丹下さんのコラム 25

「ゆるゲ部」 代表 丹下さんの連載コラム - 第25弾



サークル:ホームページブログメンバーTwitterBBS
作品:真・丹下学園物語 本章丹下学園物語
丹下さんのコラム:0102030405060708
091011121314151617181920
21222324252627282930
シナリオの書き方/考え方
質問のリクエストを纏めて聞いてみました


※ ご注意 ※ 「すごく大変なんだな」 と誤解させてしまうと マズイと思うので(゚ε゚; そんな事はないのです。 自分には、辛い経験をした記憶がありません。 面白さを意識してネタ的に書いていますので、 真剣に受け止めずに笑って貰えるなら嬉しいです。 深刻な話は一切ないし、おもしろハゲのネタ話として 楽しんで欲しいですし、書いた甲斐があるのです。
●前回までのあらすじ 1つのルートがボツになってしまいました。 それをナゼか、あすかさんの担当で書き直す 事に。
●もうひとつのルート ベータ版には3つのルートが存在します。 ですが、最終版を作る過程で、様々な問題が 発生しました。 ひとつは、自分が担当して、既に完成したルート。 それは終わっているので、考えなくていいでしょう。 ですが、1つのルートは担当者がバックレまして、 あすかさんが担当して書き直す事になりました。 苦しむがよい……(^ε^ ) そして、あと1つのルートがあります。そちらは 既に完成しました。ですが、大きな問題が出て しまったのです。 「実装水準に満たない」 これについては、皆で協力して問題点を挙げ、 具体的な修正案も出してみました。これは 「重箱の隅をつつく」 様な指摘ではなく、 あくまでも致命的な問題点にのみ絞った話です。 ですが、担当者は限界まで修正したと言う事で、 作業は終了する事となりました。これは決して 担当者が手を抜いたというわけではありません。 明らかにスキル的な限界であって、誰も悪くは ないのです。 指摘項目の多くについては、それまではOKと されてきた部分でした。なぜなら、それまでは 「まだ次があるので、その時までに直す」 としてきたからです。ですが、今回は 「次」 は ありません。これがその 「最終版」 だからです。 話としての最低限の整合性や、伏線の回収。 その他、多くの問題が残る形となってしまった のです。 ※単体のシーンを思い描く事は、実は非常に 簡単と言えます。それは普段から、誰もが 無意識にしている事だとさえ思うのです。 ですが、1つの物語として話を適切に構成し、 書き切る場合は、別次元の難しさがあると 思います。 「そのルートを実装すべきかどうか?」 その判断を迫られる事になりました。 この手の話はシナリオに限った話ではありませんし、 例えばグラフィックであっても同様です。 なんら特別な事ではありません。 ですが、1枚の画像とは違います。シナリオを 実装するかボツにするか、という話です。 それまでに頑張り、費やした時間を思うと、 どうにかして実装したい気持ちも、自分個人と してはあります。 ただ、いずれにせよ。それを自分が勝手に判断する 事は出来ない話です。そこで、サークル全体と しての意思決定に任せる事にしました。 規約に沿って、多数決で決めるという事です。 結果として、そのルートはボツになりました。
● 「覆す」 という事 これで、あすかさんのルートが完成したとしても、 ゲーム上には2つのルートしか存在しない事が 確定しました。 仕方のない事です。誰もがボツになる可能性が ありますし、開発ルール上として、何も問題は ありません。自分も、完成していたシナリオを 全ボツにした過去(No.17参照)があります。 ですが、色々考えると、何ともやり切れないものが あります。例えば、ヒロインのグラフィックを 担当してくれた人は、どう思っているでしょうか?  いずれにしても、ルートがひとつ消えた責任は 自分にもあると思います。 もし自分が多数決を実施しなければ、 そのままルートが実装されたのでは……? そんな気持ちもありました。 それで、多数決の結果が出た時に、自分は皆に お願いをしてみました。 「そのルートを自分が書いていいか?」 多数決で 「ボツ」 という結果を導き出してしまった のは自分であるとも言えます。そして、そう決まった のに、更にそれを覆す様な行為です。 もしかしたら、そのせいでリリースが延期になる かもしれません。間に合う様に短く話をまとめ、 必ず書き切るから信用して欲しい。そう話したの です。 それまでに、何度かプロジェクトを延長して きました。ここにきて、更にリスクを負うのが ベターとは思えません。この提案は理論的でないと 自分は思いました。ですが……。 あすか 「じゃあコッチのルートも書いてよ!」 ナゼそういう 発想になる(^ε^ ) こうして自分は、いま一度シナリオを書く事に なりました。皆からそのチャンスを貰った、という 事です。
●再び、シナリオを。 あすかさんはシナリオに苦しんでいました。 丹下 「あれ? 予定より遅れてるネ?」 あすか 「なんかもう吐きそうだよ……」 門外漢にとって、シナリオというのは想像を遥かに 越えた困難が待ち受けていると思います。 自ら挙手したとはいえ、シナリオを担当する事に なったあすかさんは、きっと大変なはずです。 奇遇ですが、自分も以前、なぜかシナリオを 担当させられる事になった経験があります。そう、 あすかさんのおかげで、貴重な経験が出来ました。 つまり、 ワタクシは今、実に 気分がいい(^ε^ ) それにしても、グラフィッカなのにシナリオに かじりつくガッツは相当なものです。苦心をしている 様子なものの、投げ出す気配はありませんでした。 それどころか、あすかさんはシナリオを、 スクリプト形式で直接記述しているのです。 自分以外で唯一、スクリプトをいじる人間が 誕生した事になります。これは本当に、 あすかさんの努力の結果と言えるでしょう。 元々は 「グラフィッカさんが自分でシナリオを 記述する為の簡易スクリプタ」 として自分が 作ったわけですから、ある意味では、目的が 達成されたとも言えます。ちょっと嬉しいです。 ですが……。 それでも、シナリオが 「何となく書ける」 という 事はありえないと自分は思うので、あすかさんが 作業を完遂するのは非常に難しいと考えていました。 自分は涙ながらに祈るのです。皆も、祈ってやって くれ……! あすかさんが、最後まで書き切る事を。 あすか 「オーナー、交代してもらうとかは……」 丹下 「よろしくよ」 あすか 「もうハゲそうだよ」 あすかさんに限らず、自分も気持ち的には余裕が ありませんでした。新しくルートを書き直すのは、 やはり時間的な不安があったからです。 自分でみんなにお願いしたわけですから、 確実に書き切らなければなりません。 何より、自分が投げ出してしまったら。 このゲームは、2つのルートしか存在しない事に なってしまいます。ベータ版よりもルートが少ないと なれば、何のための最終版でしょうか。 あすか 「なんかもう、行き詰ったよー」 1ルートに なるかもしれん(^ε^ )
●シナリオの書き方って? 時間的な焦りはともかく、ルートを書き直す 上では、自分としては特に不安はありません でした。既に1つのルート、それも異様に長い シナリオを書き終えた経験があったからです。 あすか 「どんな話になの? 教えてよ」 丹下 「無難に、ヒロインの留学をとめる話にする」 あすか 「そっか、ありがちだね?」 うるせーぞ(゚ε゚ ) 「ありがち」 という意見はもっともです。 優先したのは 「手短に、かつ確実に書ける」 点で、 奇をてらった内容は避ける事にしました。 ? ぼくが かんがえた シナリオ ? なんか、アレですよ。主人公とヒロインが出逢って、 なんつうの? ちょっとずつ仲良くなれてきたと 思ったら、大きな問題が出た!とかね。主人公は、 どうにか解決したい!って頑張るんだけど、最後に 大きな葛藤があって、みたいな。だからさ。ね? アレだよ……ほら。ホラッ! やべえ、完全に ノープラン(^ε^ ) ですが、それはいつもの事です。ザックリとした 流れは出来た(いや出来ていませんが)ので、 あとはキャラたちが自然と話し、動いてくれる事を 期待するしかないです。とにかく書き出しました。 ……あ、大丈夫みたい(゚ε゚; 書き始めると、キャラたちは勝手に話し、会話を 始めました。自分の中で、各キャラの自我が完全に 固まっているのを感じます。あとは話の流れに沿う 様に、伏線、イベント、原因や理由などを適所に 投下するだけです。 それと、人間らしい主人公の 「葛藤」 を入れ込む 事も重要な気がします。問題解決!OK!だけだと 「ふーん」 で終わっちゃう気がしますので……。 「こういう事が起こった場合、このキャラの 反応はこうだろう」 という事が把握できていれば、 キャラの行動を話に沿うようにできる、みたいな。 あんた何言ってるの?(゚ε゚; そう思われるかもしれません……ふざけている わけではなく、自分がシナリオを書く場合、いつも この手順でして、それで精一杯なのです。今では プロット的なものも書きますが、基本は同じまま。 成長していないです。 で。 自分の担当したルートは、かなりハイペースで 進みました。 「慣れ」 というのは非常に大きくて、 半月も経たない間に、実に7割ほど進みました。 スクリプトで直に、演出まで込みで、 サクサクと記述を進めていきます。 もうサルだった頃の自分ではないのです。 天国のおばあちゃん、見てるかい? 俺、サルからチンパンジーにレベルアップ したよ……。 シナリオ関係は少々不安があるものの、 開発は静かに進んでいました。 (つづく)

制作者様にお願いさせて頂いた連載コラム

丹下さんのコラム 01「ゲームが出来るまで」 丹下さんのコラム
ゆるゲ部 代表の丹下さんに、コラムを書いて頂ける事になりましたヾ(*´∀`*)ノ 第一弾は、同人に興味を持っていなかった丹下さんが、同人に関わる事になったお話。
カンナさんのコラム 01「ゲーム制作のきっかけ」 カンナさんのコラム
趣味でノベルゲームの制作をされておられる 「革命前夜」 の漫画描きさんヾ(*´∀`*)ノ 第一弾は、ゲーム制作のきっかけになったお話から始まります。
久住女中本舗 - 道玄斎さんのコラム 道玄斎さんのコラム
「久住女中本舗」 というブログでフリーノベルのレビューを昔からされておられ、ゲーム素材のポータル運営など、幅広く活動されておられる凄い方。

個人、同人の創作ブログ更新情報

無料で遊べるノベル・アドベンチャーゲーム

真・丹下学園物語 真・丹下学園物語
笑いあり、シリアスあり、シンミリあり、そして後半には急展開もあり。更にお色気もあり。そんなちょっと変わった学園恋愛ノベルゲームです。
亀とうさぎ 亀とうさぎ
「不思議ノベル制作部」さん制作の短編ノベルです。高校一年生の亀岡聡史は休み時間中、学校の屋上から転落してしまうが…。
電脳世界ノンオキュラー 電脳世界ノンオキュラー
京都の理系女子4名が制作!主人公の女の子が、突然事故に巻き込まれて電脳化してしまう、女性向け恋愛アドベンチャーゲーム。
夜充 夜充
15禁の女性向け恋愛ADVゲームです。戦争とは無縁の時代。あるとき訓練で荒野にふたりきり残された彼らは、その場所で夜を明かすことになるが…。
華氏98.6度 華氏98.6度
ちょっぴり先の未来。宇宙を航海するオンボロ星間交易船、ノストロモ号。そのたったひとりの乗組員、レベッカはトラブルに見舞われて……。

可愛いキャラクターでオシャレが楽しめる♪

ニコッとタウン

ニコッとタウン
絵本のような空間で、のんびり仮想生活をはじめてみませんか?
「ニコッとタウン」は、2008年9月に誕生しました。
現在は、70万人が住んでいる仮想都市で、
色んな人達が生活しています(^^)

ショタに至る病 ショタに至る病
ショタに飢えて身体を壊してしまった、重度のショタ欠乏症を患っている変態令嬢のお話。
ダンス・マカブル ダンス・マカブル
光を受けて、少女は見知らぬ大聖堂で目を覚ました。彼女を導き、そこから脱出させることができるのか。
ghostpia(ゴーストピア) ghostpia(ゴーストピア)
超水道史上、最も不思議で、最も壮大な物語。幽霊と雪と謎に彩られた物語を、高品質なグラフィック、美しい音楽と共にお楽しみ下さい。
UTOPIA UTOPIA
幻想ホラーアドベンチャー。昏睡状態の少女「ゆい」が見ている夢の中を探索し、少女が忘れていた、「おかあさん」の記憶を呼び戻していく…。
黄昏を見つめて 黄昏を見つめて
青年と少女、妖魔の旅巡りを描く、全四章構成の中華風ファンタジー短編連作ノベル!

仲間たちとのおしゃべりや冒険を楽しもう!



メイプルストーリー
無料で遊べるオンラインゲーム 「メイプルストーリー」
コミカルなキャラクターがくりひろげる痛快アクション!
さらにポイントアイテムを使って
自分オリジナルキャラクターを目指せ!

えらべる職業は70以上!
転職して数々のスキルを覚え、
たくさんのアバターをみにまとえば、
世界でひとりだけのキャラクターを作れるよ!

血染めの花 血染めの花
プロの声優陣によるフルボイス サスペンスノベル!血塗られた空木邸で、再び惨劇の幕が上がる????
幻夢の女王 幻夢の女王
行き倒れの旅の青年が怪しい医者に助けられて不思議な出来事に遭遇する、微ホラーダーク風ファンタジー探索ADV!
浅葱妖怪相談所2 浅葱妖怪相談所2
新米陰陽師、葵の元を訪れるのは、やっぱり妖怪達ばかり!マウスクリックで探索しながら読み進める妖怪退治?和風探索ADV!
魔女も歩けば悪魔に当たるEX 魔女も歩けば悪魔に当たるEX
選択肢有り!腹黒少女が織りなすちょっぴり奇妙な恋愛ADV。
単調に散る花 単調に散る花
田舎に引っ越して来た主人公。ようやく幸せな生活を手に入れたと思っていたのに…