【異世界小説・漫画】ハーレム

▼戦国時代に宇宙要塞でやって来ました。

├評価:S
└VRMMOをやっていた主人公が、最後の日に、ゲーム世界の力を持ったまま、戦国時代にやってくる話なんですが、読む前に思っていたよりもずっと面白いです。

分かりやすくいうと、織田信長と仲良くなって、尾張を発展させていく感じ。

実はこの作品も、存在自体は以前から知っていたんですが、タイトルを見てもイマイチ気持ちが乗らなかったので、ずっと放置してたんですよ。

なろう小説で面白い作品を探していても、中々自分好みの作品に出会えないなーと思っていたところで、そういえば人気なのは知ってたけども、まだ見ていないなと思って読んでみたら、想像以上に面白くてビックリしました。

また、戦国時代にやってきて、次から次に領地を攻め落としていくという単調な話ではなく、開発に時間を掛けながらの、長編で壮大なボリュームな感じがまたいい。

最初は過去にやってきたので、戦国時代を見物しにいくという軽い気持ちで尾張にやって来ただけだったのが、少しずつアドバイスをしてあげたり、衛生面や食生活、経済観念について触れていったりしながら、ゆくゆくは「戦の無い世」を作る為、時代に適した範囲で全力で支援していきます。

この作品を読んでから、行政サービスについての意識も強く持ち始めました(笑)

官位や人物名、幕府、朝廷、公家、公卿など、日本の歴史に興味がないと最初は大変かもしれませんが、今の世の中にはグーグル先生がいらっしゃいますので、調べながら見ていくのも、楽しく歴史の勉強が出来ていいものですよ。

ちなみに自分は、時代劇の暴れん坊将軍とかを見ていたので、一番偉い人は上様だと思っていたんですが、そうじゃなかったんですね。

あと、幕府と朝廷についても、少しは分かってきました。

しかし、昔は赤ちゃんを穢れと言っていたのは知らなかったなぁ…。

自分は2022年04月27日ぐらいから読み始めているんですが、GWの休み朝から晩まで使って読みまくっても、全然終わりません(笑)

1551話まで読み終えたのが2022年05月15日だったので、とにかくハマりさえすれば、長いこと没頭出来るのは間違いない。

中国の三国時代にやってきたという作品は、これまでも割と好んで読んでいましたが、日本の戦国時代モノも面白いですね。



▼ダンジョンのある世界で賢く健やかに生きる方法

├評価:A+
└ザックリな説明
①10年前、地球にダンジョンが出現する
②ダンジョンを探索すると身体能力がUP
③魔石が新しい資源として活用される
④主人公が突如出現したダンジョンに落ちる
⑤そこで見つけたスキルブックで「召喚術」を手に入れる

序盤は大体こんな感じ。

「召喚術」で精霊を召喚出来るようになり、強くなって少しずつハーレムを築いていく感じの、長編ファンタジー小説。

お金もガンガン稼げて、自分を好いてくれる女の子が沢山いるって、本当羨ましいわぁ…。

TVとかで俺スゲェする場面もあったり、中盤くらいから異世界も出てくるので、ジャンルとしては異世界ファンタジーにも入ると思う。

これを読んだのが2022年04月16日から17日にかけてなんですが、去年くらいから見つけてた作品なんですよ。

お気に入りに入れて、それから今度みよう今度みようと思って置いてた小説なんですが、読んでみると面白い。

カクヨムで高評価なのも、頷けますね。



▼異世界魔法は遅れてる!

├評価:A or A+
└長編小説。勇者として召喚された学校の友人に巻き込まれ、主人公(八鍵水明)も一緒に異世界に転移する事に。

しかし、普通の学生として思われていた主人公(八鍵水明)が、実は現代を生きる魔術師だったという話で、その力で異世界を歩く物語。

異世界の魔法よりも、現代の魔術の方がカッコいいという不思議。

後に仲間になるレフィールの性格が序盤面倒臭くはありましたが、それもまぁ読み進めていけば気にならないようになった。

WEB小説版は、魔将のラジャスを倒したあたりで、何度か読むのをやめてしまってたんですが、久しぶりにこの漫画を見たら面白かったので、今は続きを読んでいます。

とりあえず、魔法や魔術に関連する設定は凄いと思うし、詠唱も独自のものでカッコいいと思ったのは確かなので、そういったものが好きな人にはオススメ出来そうな作品。

自分が小学生か中学生くらいだったら、必死に詠唱を覚えようとしただろうなぁ(笑)

後半、レイジがサクラメントを使ってパワーアップする展開には辟易、狡すぎるし、これはもう全滅しても仕方ない展開だったはずなのに、勇者という生き物は本当に狡い。

中二病患者が、病気のまま覚醒するのは可愛げがあるが…。

不満な点というか、微妙に思えた点としては、主人公のハーレム的な面(女が集まってくる)と、お色気?的な部分を見て、一部ぶっちゃけ白けてしまったところはある。

強い男に惹かれるというのは仕方ない事なのかもしれませんが。

でもまぁ、これは多分、読んでいる自分の年齢的な面や、類似の展開を何度も見てしまったから受ける印象なのかもしれない。

自分としては、せっかく設定がいいんだから、それならシリアスで続けてほしいという想いがあった分、少し残念に思えてしまった。

でも、リリアナが可愛いのは仕方ない。(特に後半)

実力をレイジやミズキに隠しているのに関しては、正直いって不満でした。

これについては、他の同系統作品にも同じように思ってますが。

モヤモヤするし、なんか嫌。

こういうので途中で読むのを止めたくなったり、読む気を無くしてしまった作品も結構あるからなぁ。

まぁ、自分の好みを求めすぎても仕方ありませんが…。

しかし、作中では主人公の容姿が平凡だと言われていますが、漫画で見ると全然そんな件については、読者の皆さんはどう思ってるんだろう?

あれで平凡とか有り得ないでしょ。

最後に、これも若干ネタバレを含んでしまって申し訳ないのですが、異世界に召喚されたキャラが、ボスを倒していないのに、召喚の魔法陣を調べて、異世界で出来た仲間と共に現代に帰ったのは面白かった。

純粋な子を見ると、心が洗われるようでしたよ。

【2021年07月05日】
176話まで読ませて頂きました!(かなりのボリュームでした)



▼デスマーチからはじまる異世界狂想曲

├評価:A or A+
└主人公のアラサープログラマーが、普段着のままレベル1で、異世界に行く。

その際、たまたま使った魔法で、運良く財宝と高いレベルを手にしまった話。

ハーレム系ですが、主人公最強系としても有名な作品。



▼科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌

├評価:A or A+
└異世界に転移してきた男性2人が主人公。

2人とも離れた場所に飛ばされますが、転移先した先は、人間以外にもクリーチャー娘達が生活している世界。

片方の男は「クリ娘ハーレム王」を目指しているし、クリーチャー娘達は人間と感性が違うので、性に対しての考え方も違ってたりして面白い。

科学が発達していない世界でも、こういう子達に大切にしてもらえるなら、行ってみたいとメチャクチャ思う。

だって手を出してもいいって言ってくれてるし、ゴブリンちゃん達も超可愛いんですよ?

ヴァンパイアちゃんにずっと飼ってもらって、幸せな生活を送るというのも有りなんじゃないだろうか。

ケンタウロスの女の子には、目一杯甘えてもいいって言ってくれてるし。

…怒ってる女の子の顔はかなり怖いけども。

でもなー、いくら現代知識がとても重宝されてたりしても、自分だったら武器なんか作れないし、役立つ物なんて作れないだろうから、そうすると大切にしてもらえなくて、むしろ逆に殺されてしまう可能性も…



▼侯爵嫡男好色物語 ~異世界ハーレム英雄戦記~

├評価:A or A+
└異世界に転生した元サラリーマンが主人公。

侯爵家に生まれたので、何不自由ない生活が送れる羨ましい奴。

メイドでも、城下の平民でも手を出しても構わないと言われるとか、やっぱり世の中、金と権力、そして力ですね。

これは、貴族の力で女性を好き放題に出来る侯爵家嫡男として生まれた主人公の、他国と戦争をしながらハーレムライフを送る物語です。

若い頃は思ってましたよ。

貴族なんかに転生出来なくても、平民から冒険者とかになって成り上がった方がカッコいいって…。

あの頃は僕も若かった…(笑)



▼異世界迷宮と奴隷ハーレム

├評価:A
└小説家になろうで有名な作品。

いじめを受けていた主人公が、もう死のうと思っていた時に見つけたネットゲームの広告。

そして、そこから新しい世界で始まる主人公最強物+奴隷ハーレムの物語で有名な作品がコレ。

ネットで公開されている無料の漫画を見て、もし興味が出てきたのなら、小説家になろうで続きを読むか、購入されてみては如何でしょう?

更新は随分前から止まってしまっていて、それがちょっと残念。

漫画版がエロいです。



▼ありふれた職業で世界最強

├評価:A
└クラスメイトの全員が異世界に召喚され、皆がそれぞれ規格外な「天職」「技能」を手に入れる中で、学校でもオタク・キモオタと呼ばれていた主人公は、一人平凡な能力を得る。

そしてある日、異世界にやってきたクラスメイトの中でも最弱としてイジメを受けていた主人公は、皆で攻略に向かったダンジョンにて、クラスメイトの悪意を受けて、一人奈落の底に落ちて行く。

これは、イジメられていた主人公が必死にダンジョンの底から這い上がり、気付いたら世界最強になっていたという、主人公最強モノの王道ハーレム物語です。

【本音の感想】
初めて読んだ時は、ちょっと好きだったかもしれない作品なんですが、今は正直微妙に思ってます。

でも、人気あるんだよなぁ…。

なので、世間の評価も加味して、評価はAとさせて頂きました。




▼八男って、それはないでしょう!

├評価:A
└平凡な25歳の若手商社員である主人公が、家のベッドで寝て、目覚めると何故か貧乏貴族の子供(八男)に憑依していた。

魔法の才能がメチャクチャあったので、そこから成り上がります。

ご都合主義のハーレムチートファンタジー。

大人には少し物足りないように思えるかもしれないが(自分がそうだったので)、子供向けには分かりやすくていいと思う。

【追伸】

恋姫を知らない人には特に興味ない話かもしれませんが、作者のY.Aさんは 満寵伝 という恋姫の二次創作小説も書かれています。

多分、同じ作者様ではないかと。

僕は「満寵伝」結構好きですよ。



▼魔剣師の魔剣による魔剣のためのハーレムライフ

├評価:
└悪人が嫌いで刀が大好きな高校生が、自宅を襲った強盗に刺されて死に、神様と出会い、異世界に移住します。

実はまだ読んでいないので、もう少し詳しい紹介文はしばしお待ちを。



このページの先頭へ